非常口

先週末からギリシャ問題についてのニュースを見ることが増えてきました。

ギリシャETFが大きく下落しているなど、影響もでてきているのですが、今回のギリシャ問題について自分がどう対処していくのか最後に書いておきます。

(ギリシャ問題についての最近のニュース)
ギリシャ不安、世界に 南欧への波及警戒|日本経済新聞
欧州市場トリプル安、ギリシャ資本規制で危機感|WSJ
米国債:上昇、一時8カ月ぶり大幅高-ギリシャ問題で|Bloomberg
(他多数)


ギリシャETFが20%超の暴落となっています。

これから反発するのかダラダラと下げていくのかは今後の政治的な判断もありますのでわかりませんが、自分の考えとしては動きません。

ギリシャ問題が、これから数週間もの期間で猛威を振るっても、資産運用中での資金引き上げや追加投資の予定はありません。

自分の場合はバランスファンド(世界経済インデックスファンド)をメインとしていますので、個人的に動かしようがないという事もありますが、ポートフォリオを個別に組んでいたとしても今回のギリシャ問題によって何かをしようとする行動はないでしょう。

自分はメンテナンスすら『ほったらかし』のバランスファンドで運用していますが、インデックスファンドやETFを組み合わせる大半のインデックス投資家は1ヶ月後あたりにポートフォリオのメンテナンスをしましょう。

大きく動いている最中に確認していると疲れます。

瞬間最大風速ならまだしも、1ヶ月くらい経過すると、案外リバランスを必要とするほど大きな乖離は起きないものです。

リバランスボーナスを狙った『暴落中の追加投資』は楽しむ程度で、『トイレに駆け込みネット証券にログイン』や『株価を見てはハラハラ・ドキドキ』等のないような本業に影響が出ないレベルにしましょう。

(こちらでも関連記事として紹介しています)
2015.07.01 各インデックスのパフォーマンス2015年6月

スポンサーリンク