拳 グータッチ いいね

上(記事タイトル下)にある画像をはじめ、最近のアイキャッチ画像は基本的に写真ACというサイトからダウンロードして利用しています。

もちろんブログ記事によっては、他サイト内の画像をキャプチャしたり、自分で撮ってきたスマホの写真を貼り付けたりしていますが、特別な理由がない限り、写真ACのサイトで何かしら画像をダウンロードしまくっています。

写真ACを気に入った理由はこんな感じ
  1. アイキャッチ画像として利用しているのに社会貢献できる
  2. 多くの投稿者によるバリエーション豊かな画像で飽きない
  3. クレジット表記やリンクは一切不要でブログに使いやすい

1ダウンロードするたびに、0.1円の社会貢献


アイキャッチ画像は数多くありますが、ダウンロードするたびに0.1円の寄附をしているらしく、これなら自分に無理をすることなく、ブログ記事を作成してアイキャッチ画像を利用するたびに結果的に社会貢献をしているのでお気に入りとなりました。

写真素材を1ダウンロードするたびに、0.1円を寄附
※画像は写真ACより

チリも積もれば何とやらです。

アイキャッチ画像の使い回しは飽きられる


ブログ記事の冒頭にアイキャッチ画像を入れはじめた頃は、ぱくたそを利用していました。

以前に、リンクしているブロガーによるブログ運営についての飲み会があった時に『アイキャッチ画像の使い回しは見ていて飽きる』と胸に突き刺さる意見がありました。

(参考記事)
2015.02.22 ブログアクセスアップ&SEO対策について学んで気付いたこと

その日をキッカケにして、飽きられないアイキャッチ画像を探しました。
そして、現在とりあえず写真ACというサイトに落ち着いています。

クレジット表記やリンクは一切不要


ネット上で画像を利用する時には、どこから利用しているのかリンク先のサイト名やURLなどを表記する必要があります。

気の知れたリンク先のブロガーであっても勝手に転載することはご法度です。

だから自分が他ブロガーさんの画像を拝借するときには画像元のブログ記事タイトルやリンクを貼るなどして、相手先に被リンクを増やすようにしています。

そうではなく画像サイトなどを利用する場合は、なるべくクレジット表記などはないサイトを利用してブログ内をスッキリさせたいものです。

クレジット表記があると、関連のない余計なテキストが増えますので…(;´∀`)



そんなこんなで2015年7月現在のアイキャッチ画像は写真ACを積極的に利用中です。

自分の活用方法は、『いいね』や『悲報』などキーワードを入力して画像をさがしてくるので、新着画像や人気画像はわかりませんが、キーワード検索すると多くの画像がヒットするので相当な枚数がある(はずです)。

アイキャッチ画像はブログにとって必須とまでは書きませんが、スマホなどでfeedlyを利用するとタイトル記事の前に画像アイコンとして出てくるので、アイキャッチ画像を入れていないブログと比較して目立ちますよ(^^)

スポンサーリンク