eMAXIS

三菱UFJ国際投信はeMAXIS JAPAN クオリティ150インデックスを設定しました。

『eMAXIS JAPAN クオリティ150インデックス』募集・設定について|三菱UFJ国際投信 (PDF)

eMAXIS JAPAN クオリティ150インデックスは、ROEが高く、「財務健全性」「キャッシュフロー収益性」「利益安定性」を見て、高ROEの継続性が高そうな150社を選びます。

ROE基準のスマートベータは最近の流行りなのか、東証&日経による「JPX日経400」が各社ETFやインデックスファンドを設定しています。

野村アセットマネジメントでは独自に「Russell/Nomura ファンダメンタル・プライム・インデックス」に連動したETF『NEXT FUNDS R/Nファンダメンタル・インデックス上場投信(1598)』がすでにあります。

この激戦区のカテゴリで、iSTOXX社と三菱UFJ信託銀行が共同開発した指数「iSTOXX MUTB JAPAN クオリティ150」で勝負となります。
eMAXIS JAPAN クオリティ150インデックスの概要
ファンド名eMAXIS JAPAN クオリティ150インデックス
ベンチマークiSTOXX MUTB JAPAN クオリティ150インデックス
運用会社三菱UFJ国際投信株式会社
信託報酬年0.40%(税抜)
信託財産留保額なし
決算日年1回(1月26日)
販売会社SBI証券、楽天証券
設定日2015/11/6

三菱UFJ信託の試算では、15年3月末基準のMUTBクオリティのリスク・リターンは0.27と、MSCIジャパン・クオリティの0.19、JPX日経400の0.11、TOPIXの0.08を上回り、最も高かった。


誰もが購入できる投資商品となったあとでも同様のパフォーマンスを発揮できるか注目です。

新たなROE基準のスマートベータとして設定されましたが、正直…ROE基準でないスマートベータが新規設定や新たなETFとして東証に上場してほしいところです。

グロース系は食傷気味です。
どれも似ているスマートベータ(失礼!)

まだバリュー系はどこの運用会社もリリースしていません。
多すぎる選択肢より、ニッチな客層を確実にとりにいく方がベターな気もします。

どうしてもメジャーな『JPX日経400』とマイナーな独自基準という目で見てしまいます^^;

スポンサーリンク