2015年 各インデックスの年間パフォーマンス

最近の世界経済を牽引してきたといっても過言ではなかった中国をはじめとした新興国の景気後退が顕著になった2015年となりました。

最近の原油価格も安値で推移していて、車にガソリンを入れている自分にとっては都合のよい状況ですが、産油国にとっては大打撃となっています。

 アセットクラス 2014年2015年 騰落率 
国内株式173431935211.58%
外国株式2246822091-1.68%
外国株式H12514126481.07%
新興国株式1350211505-14.79%
国内債券10887109560.63%
外国債券1630915485-5.05%
外国債券H1093710926-0.10%
新興国債券1374611700-14.88%
新興国債券H1173211650-0.70%

日本は例外的に株価を見ると好調でありましたが、フランスで起こったパリ同時多発テロ事件のこともありますし、2016年以降の世界経済がどのようになっていくのかはわかりません。

もともと先のことは誰にもわかりません。
だからこそ少しずつリスクを取っていく積立投資の継続であります。

株式インデックスのパフォーマンス2015年


株式インデックスのパフォーマンス2015年
青 野村インデックスファンド・TOPIX
赤 野村インデックスファンド・外国株式
橙 野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型
緑 野村インデックスファンド・新興国株式

債券インデックスのパフォーマンス2015年


債券インデックスのパフォーマンス2015年
青 野村インデックスファンド・国内債券
赤 野村インデックスファンド・外国債券
緑 野村インデックスファンド・外国債券・為替ヘッジ型
橙 野村インデックスファンド・新興国債券
黒 野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型

各インデックスのパフォーマンスの説明このカテゴリでは、野村アセットマネジメントが運用するFunds-i(ファンズアイ)シリーズの基準価額を用いて、簡便的に1ヶ月間の各アセットクラスの騰落率を確認する企画です。
※総括なので1年間の各アセットクラスの騰落率を確認

本来ならば、ベンチマークを使用するほうが正確な数値が出るのですが、投資信託の基準価額ならば東証が閉じて夕方頃には発表されます。

速報としてザックリ知るのを目的に利用してください。
もしも分配金を出したファンドがありましたら、当月に限り分配金額を加算します。


(過去の各インデックスのパフォーマンス)
2014.01.03 各インデックスのパフォーマンス2013年総括
2015.01.05 2014年総括 各インデックスはすべて上昇という脅威の結果

[PR]今回紹介したFunds-iシリーズは各ネット証券で取り扱いしています。
SBI証券 マネックス証券 カブドットコム証券 楽天証券

スポンサーリンク