各インデックスのパフォーマンス2016年11月

2016年は年初から株式市場は大荒れで、リスク資産が大きく下げています。
上記のパフォーマンスを見れば一目瞭然なのですが、債券↑株式↓↓という結果です。

(参考)こんな暴落体験。投資初心者なら全力で一喜一憂して見るのもあり!?

結果的に見れば株式資産に大きな比率を持っていた投資家や、近年の株価上昇によりポートフォリオにおける株式比率が大きいままリバランスなどの手入れをしなかった(したくなかった!?)投資家は元通りになっているのかもしれません。

2016年1月の為替は行って来いの相場
画像元 米ドル/円|ヤフーファイナンス

個人的に興味深い結果となったのは外国債券(先進国債券)です。

各国が安全性資産と言われる債券にリスク回避したことによりプラスになることは想像できたのですが、為替市場では、比較的安全性資産と言われている『円』が買われているとの話を見聞きしていたので、てっきり円高により外国債券インデックスファンドの基準価額は下がっていると思っていました。

どうやら月末の数日で、急激な円安になっていたようです。

そして終わってみれば暴落と言われた2016年1月の株式は瞬間最大風速こそ大きなものでしたが、月間で確認してみると-10%もありませんでした。

 アセットクラス  先月末  今月末  騰落率 
国内株式1935217907-7.47%
外国株式2209120124-8.90%
外国株式H1264811553-8.66%
新興国株式1150510429-9.35%
国内債券10956110891.21%
外国債券15485157211.52%
外国債券H10926111111.69%
新興国債券11700115221.52%
新興国債券H11650116830.28%

もちろん来月以降がどのような相場環境になっているのかはわかりません。

神のみぞ知る「わからなないもの」をわかろうと努力するよりは、自分のできることを実行していくほうが健全です。

株式インデックスのパフォーマンス2016年1月


株式インデックスのパフォーマンス2016年11月
青 Funds-i TOPIX
赤 Funds-i 外国株式
橙 Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型
緑 Funds-i 新興国株式

債券インデックスのパフォーマンス2016年1月


債券インデックスのパフォーマンス2016年11月
青 Funds-i 国内債券
赤 Funds-i 外国債券
緑 Funds-i 外国債券・為替ヘッジ型
橙 Funds-i 新興国債券
黒 Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型

画像元 すべてYahoo!ファイナンスより引用

各インデックスのパフォーマンスの説明このカテゴリでは、野村アセットマネジメントが運用するFunds-i(ファンズアイ)シリーズの基準価額を用いて、簡便的に1ヶ月間の各アセットクラスの騰落率を確認する企画です。

本来ならば、ベンチマークを使用するほうが正確な数値が出るのですが、投資信託の基準価額ならば東証が閉じて夕方頃には発表されます。

速報としてザックリ知るのを目的に利用してください。
もしも分配金を出したファンドがありましたら、当月に限り分配金額を加算します。


[PR]今回紹介したFunds-iシリーズは各ネット証券で取り扱いしています。
SBI証券 マネックス証券 カブドットコム証券 楽天証券

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ