源泉徴収票を見ながら給与の支払者(会社の住所・名称)を記入

新年を迎えて憂鬱になることのひとつに確定申告書の作成があります。

作業開始さえすれば一晩で完成するところまで行くのですが、はじめの一歩を踏み出すのが面倒で、気がつけば2月に突入…なんてこともあるでしょう。

そんな確定申告書の書き方…特にブログにアフィリエイト広告を貼って収益があるブロガーにとっては、そこの記入方法さえ簡単にわかれば確定申告書作成の敷居が低くなるはずなので、雑所得による所得税の確定申告書の作成方法を紹介します。
※来年以降の自分用にメモしていたりする…。

記事の最後には、会社に副業がバレないための小技も備忘録として残しておきます。

用意するもの給与所得(公的年金等)の源泉徴収票
費用となるレシート
アフィリエイト収益が入金される銀行の通帳
給与所得の源泉徴収票がないと、給与所得欄を記入するのがほとんど不可能です。

確定申告で必要なレシートを入れている

レシートは使えるか使えないかは後で考えることにして、とりあえず袋に入れています。
画像は今年版(まだ1ヶ月程度)なので、ほとんど何もない状態。
バイクの自賠責保険証明書入れが更新で余ったので再利用しています。

アフィリエイト収益が1つの銀行口座に集約されていると、通帳と電卓(スマホなど)があれば確認作業が早くなるのでオススメです。

会社員のように、前年に年末調整をしていない人は、生命保険料控除証明書や小規模企業共済掛金払込証明書(個人型DC)、医療費の領収書など用意します。

事業所得と雑所得 どちらを選ぶ?


本業をもっていて、副業としてブログ収益が発生しているのならば、開業届けを出していない白色申告による確定申告を大半のブロガーが選択していることと思われます。

もちろんモッティーさんのように、ブログはあくまで「副業」の域ですが、ブログ運営で個人事業主になり青色申告を目指すという考え方もアリです。

(参考記事)
【ブログ収益の税金】来年の確定申告は事業所得で青色申告を目指す!|もっとお金の話がしたい

事業所得にすると「収入金額 - 必要経費」でマイナスの赤字となった場合、本業の給与所得などとの損益を相殺ができるというメリットがあります。

ただ、自分もブログをしていてアフィリエイト収益が発生している身なのですが、「収入金額 - 必要経費」がマイナスの赤字になるようなことがありません。

ブログを書いていて発生する費用なんて、「独自ドメイン使用料(年1,000円前後)」「FC2ブログ有料プラン(月300円or年3,300円)」「データ通信量の一部(30%前後が目安!?)」…こんなもんです。

毎月タブレットやPCを買い換えれば赤字になるのでしょうが、そんなに必要経費として計上していたら税務署にマークされそうですしね(;・∀・)

赤字にならないで普通に申告をするにしても、雑所得にも必要経費が認められているので自分はそれで充分です。
※レシートや使った費用のメモは大事!

このような理由で、この記事では一番簡単に済ませることのできる白色申告の雑所得で作成する方法にフォーカスしています。

(参考記事)
アフィリエイト収入は事業所得?雑所得?そもそも申告しないといけないの?|確定申告で困ったときの初心者ガイド

所得税の確定申告書作成コーナーから作成


ここから先は、国税庁のホームページにある所得税の確定申告書作成コーナー(2016年バージョン)の書き方を追っていきます。

所得税(確定申告書等作成コーナー)|申告・納税手続|国税庁

ちなみに画像内のある金額や氏名などは、自分の申告したものではありません。

「作成開始」をクリック
「作成開始」をクリック

税務署への提出方法の選択ですが、e-Tax(国税電子申告・納税システム)に対応していないので、自分は「書面提出」を選択して先に進んでいます。

申告書等印刷を行う際の確認事項は、チェックボックスにチェックを入れて、サッサと「事前準備終了(次へ>)」に進みましょう!

「所得税の確定申告書作成コーナー」をクリック
「所得税の確定申告書作成コーナー」をクリック

全ての所得対応を選択
全ての所得対応を選択
全ての所得対応を選択しないと、雑所得の記入欄がないのです(人柱済み)

「生年月日を入力」を入力にて進む
「生年月日を入力」を入力にて進む

「雑所得・その他」が今回の目的地
「雑所得・その他」が今回の目的地
もちろん本業である給与所得も源泉徴収票を見ながら記入しましょう

雑所得の収入金額や必要経費(上段に総額でOK)を記入
雑所得の収入金額や必要経費(上段に総額でOK)を記入

毎回、正式名称と住所をネットで調べるのが面倒になりそうなのでメモしておきます。
ホント自分用に書いているんこれ(;´∀`)

名称場所
グーグル株式会社東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー
バリューコマース株式会社東京都港区赤坂8丁目1番19号日本生命赤坂ビル5階
株式会社インタースペース東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル8階
アマゾン ジャパン株式会社東京都渋谷区渋谷2-15-1渋谷クロスタワー
楽天株式会社東京都世田谷区玉川一丁目14番1号


一通り記入が済んだら、次は配偶者の氏名・生年月日・所得金額等の記入欄が出てくるので記入して先に進みます。

16歳未満の扶養親族がいる場合も入力
16歳未満の扶養親族がいる場合も入力

所得控除入力などの画面に進みますので、「医療費」や「寄付金」がある人は忘れずに。
すべての入力が済んだら『入力終了(次へ)』をクリック

次に税額控除の画面になります。
配当控除・住宅借入金等特別控除・外国税額控除などがある人は記入します。

すべての記入が終わると…。

納付する金額が表示されます/(^o^)\

払いたくない\(^o^)/

ここまで来たらもう少し!次に住民税等の入力する場面に進みます。

住所・氏名等を入力します
住所・氏名等を入力します

これにて完成!\(^o^)/

帳票の表示・印刷をクリックするとPDFファイルを保存できます
帳票の表示・印刷をクリックするとPDFファイルを保存できます

自分に納付にチェックを入れよう
会社にバレたくなければ自分で住民税を納付

会社に雑所得がバレたくなければ、給与・公的年金以外の所得に係る所得(副業などのこと)の住民税の徴収方法を『自分で納付』にチェックを入れましょう。

あとはコンビニでも会社でもプリントアウトして、所定の税務署に投函しましょう。

「角形2号」サイズの茶封筒(クラフト封筒?)に必要書類を入れて、郵便局から簡易書留で送れば終了…と(^^)

(参考記事)
確定申告の「申告書」を郵送する際の5つのポイント 宛先の書き方・税務署の住所・封筒のサイズは?|め~んずスタジオ

主に自分用の備忘録ですが、確定申告シーズンの昨今、誰かの役に立てれば幸いです♪

…というか、自分用の確定申告書作成と、ブログネタ用に作成した今回の確定申告書作成のおかげで、雑所得の記入が簡単な作業に思えてきた感じがする♪

スポンサーリンク