ニッセイAMから信託報酬0.29%(税抜)のTOPIXインデックスファンド登場

本日(2016年4月22日)からSBI証券の個人型DCで低コストな投資信託のラインナップが追加されたので、さっそく今日まで積み立ててきた「EXE-i(エグゼアイ)シリーズ」への分散投資から、「DCニッセイ外国株式インデックス(信託報酬0.21%)」にスイッチングしてみることにしました。

 参考  SBI証券の個人型401KにDCニッセイ外国株式インデックス(信託報酬0.21%)をはじめとした20本の投信を発表!

6時までメンテナンス作業中だったので、このブログ記事を書きながら同時進行しています。
【スイッチング方法】
Benefit Systems(SBI証券 個人型年金プラン)にログイン
  ↓
運用指図(スイッチング)を選択
  ↓
現在スイッチング中のファンドはないので「新規」をクリック
  ↓
【解約可能商品一覧表】(※自身のポートフォリオ)のリストが出てくるので、新規スイッチングにおいて解約する商品名(※自分の場合は全部)をクリック
  ↓
解約数量・方法の選択(※自分の場合は「全額解約します。」をクリック)そして「実行」
部分解約の場合は金額ではなく口数指定となっています
  ↓
【購入可能商品一覧表】が出てくるので、4ページ目にある「DCニッセイ外国株式インデックス」の右側にある「購入」」をクリック
※1ページ目にある「DC外国株式インデックスファンド」は低コスト投信ではないので要注意
  ↓
スイッチング内容の確認をして、間違いがなければ「はい」をクリック
  ↓
他にもスイッチングするファンドがある場合は「スイッチングを続ける」をクリック

スイッチング作業はこんな感じでした。全額スイッチングなら簡単な作業ですがリバランスなどをするのなら電卓があったほうがいいかも(^^)

それと今日から積立先を変更する場合は「掛金の配分」も変更しましょう♪
スイッチングだけだと、いままでのファンドが変わってもこれからの積立先は変わっていません、

スポンサーリンク