スマホで動画 YouTube

ツイッターで何気なくマーケッツのツボ「インデックス投資のどこがい~の?」 というYouTube動画がシェアされていたので、何気なく視聴してみたらカン・チュンドさんが登場するインデックス投資のお話でした。

パソコンでのんびりイヤホンをしながら観ていたのですが、ふとメニューの右下部分に「字幕」というボタンがあるのを発見したので、投資用語がキチンと字幕で表示されているのかを確認してみたらYouTubeの字幕がおかしいことに気付いてしまいました(;・∀・)

YouTube字幕メニューボタン
※右下にある矢印部分が字幕ボタン

ちなみに上記の画像は『もちろんひとつのインデックス投資への近道』とカン・チュンドさんが語っていますが、YouTube字幕がおかしいことがわかります^^;

もしも音声をミュートして動画だけを観ている人がいたら「インデックス投資のどこがい~の?」 をまったく理解できなくて大変です!
仕方がないので、変な字幕部分のほんの一部だけですが抜粋して正しい字幕(翻訳)をつけてあげることにしました。
マーケッツのツボ1-1
J2に上がっていてびっくりしたと開始した』…これだけ見て正解をしたあなたはインデックス投資マニア1級でしょう。
いやこれサッカーJリーグの会話にしか見えないし日本語がおかしいww
おそらくカンさん自身も何を言ったのか記憶にない(当たり前だ!?)です。

マーケッツのツボ1-2
正解は『日経225だったりTOPIXだったり』でした!
まぁ序盤ながら中級レベルだったので正解者はいないかもしれませんね。

マーケッツのツボ5-1
メキシカン採用した社員です』これは難しい!
海外ETFの話なのか指数の話なのか…さぁどっちだ!

マーケッツのツボ5-2
意外に歴史浅いんです』残念!インデックスファンドの歴史の話でした^^;
まだインデックスファンドが米国で誕生してから40年なんですね。
日本で言えばもっと短いし、低コストインデックスファンドシリーズのSMT(旧STAM)あたりを本格的な国内インデックスファンドのはじまりだとすると、インデックス投資の成功者はこれからなんですよね。

マーケッツのツボ6-1
すなわちアクティブ投手とインデックス投手は』これはサービス問題。
YouTube字幕はスポーツ推しなのかもしれない。。。

マーケッツのツボ6-2
すなわちアクティブ投資とインデックス投資は
これは全員正解でしょう。
昔、親父が買ってきたのか知らないけれど、子供の頃の我が家にはプロ野球選手名鑑があって、西武ライオンズの東尾修選手のデータがあり、なぜか鮮明に覚えています。
東尾修選手の全記録を調べてみると251勝247負の勝率.504なんですね。
キャリアの中でMVPを2回受賞している名投手なのですが、勝率5割でも凄いことなんだなぁ~と当時は思っていました。

インデックス投手になりたい\(^o^)/

マーケッツのツボ7-1
内藤す

マーケッツのツボ7-2
成り立つ』ノーコメントです( ´ー`)フゥー...

マーケッツのツボ8-1
六本木の一員でコスト押しやりだすと』わかんねー。
六本木の一員でコスト押しやりだすとどうなるのか続きが気になるww

マーケッツのツボ8-2
6人の人がインデックス投資やりだすと』わかるかww
「六本木の一(ひと)」 → 「6人の人」
「員でコスト押し」 → 「インデックス投資」
これは最上級レベルだな。。

マーケッツのツボ2-1
誤解を恐れずに言うと悪で武藤氏の偉いんです』これは簡単ですね。
YouTube日本語字幕界では初級レベルと言ってもよいでしょう。

マーケッツのツボ2-2
誤解を恐れずに言うとアクティブ投資のほうが偉いんです』はい。正解!
「悪で武藤氏」 → 「アクティブ投資」この程度がまったく理解できないとこの先はつらい。

マーケッツのツボ9-1
超聴いている』めっちゃ超聴いていますよ♪
15分動画なのに何十分も聴いています/(^o^)\

マーケッツのツボ9-2
長期でいる』インデックスファンドやETFを長期保有しましょうという話。
インデックスファンドやETFを活用した短期売買も可能なのですが、インデックス投資というくくりでみると長期投資であるべきというのがカンさんの主張。
※動画内では短期売買を否定しているわけではありません

マーケッツのツボ10-1
楽天は短期』いや…否定はしませんけど…。

マーケッツのツボ10-2
アクティブは短期』どんだけアクティブの日本語字幕を間違えてるんだよww

マーケッツのツボ11-1
参加費は大人ますね』これは難しい!
ヒントは投資用語ではなく解説と解説の間にできた大人の会話です。

マーケッツのツボ11-2
それはおっしゃるとおりだと思いますね』これは仕事でもよく使っている人がいるのではないでしょうか?
言葉では肯定しても心が否定している時に小声で『参加費は大人ますね』と言えば相手に反撃の狼煙を上げても安全かもしれません。

マーケッツのツボ3-1
新日軽手数料なのでした水虫がちなんですが』…水虫ってww
ヒントはコストの話をしているところですね。
「水虫」を100回くらい言ってみると答えが見えてくるかも!?

マーケッツのツボ3-2
気にしにくい手数料なので見過ごしがちなのですが』わかるかww
「水虫がち」→「見過ごしがち」これが理解できれば『あぁ信託報酬ね!わかる。わかる。」となったことでしょう。

マーケッツのツボ12-1
アクティブファンドが金融機関の四球で先制した』これも上級問題!
YouTube日本語字幕が「金融機関の四球で先制した」と翻訳した原文がいったい何なのか!?
なんか野球動画を字幕で見ると面白さ倍増しそうですね♪

マーケッツのツボ12-2
アクティブファンドがインデックスファンドを下回る成績しか(残せない)』えっ!!!
「金融機関の」 → 「インデックスファンド」
「四球(たま)で」 → 「下回る」
「先制した」 → 「成績しか」
youtubeはとりあえずアクティブとインデックスを勉強したほうがよろしいかと…。


マーケッツのツボ4-1
7番と抗議者がコスト負担します』サッカーの次は野球!?
個人的には史上最強の7番バッターといえば巨人時代の駒田でしょうね。

マーケッツのツボ4-2
正解は『ファンド保有者がコスト負担します』でした~!
個人的には今回の動画最大の見所はこの前後あたりです。
ここは気合を入れて(字幕で遊んでいないで)学びましょう♪





 参考  マーケッツのツボ「インデックス投資のどこがい~の?」|日経CNBC

こうやってYouTubeの日本語字幕のクオリティーを見てみると、イベント等で文字起こしをしているブロガーは凄いことをしているんだと実感します。

ゆっくり丁寧に話しているカンさんでも字幕がおかしいのですから、山崎元さんの理論的なマシンガントークを見たらどうなるっているのか気になりますね。

記事作成後に気付いたのですが、PCからYouTubeを見ていると「その他」メニューの中に「文字起こし」がありました!

YouTube文字起こしボタン

中身は…字幕同様に斜め上をいく文章がありますww

こちらからは以上です(^^ゞ

スポンサーリンク

 カテゴリ