ニッセイAMから信託報酬0.29%(税抜)のTOPIXインデックスファンド登場

今月注目だったのは、SBI証券の個人型DCに低コストの投資信託が多数ラインナップされると先月から噂されてきた話が現実のものとなった事。

自身でも低コストの外国株式ファンドである「DCニッセイ外国株式インデックス」にスイッチングしたブログ記事を中心に関連記事でもアクセスをいただきました。

将来的には多くの人が個人型DCを扱えるように制度が改善されていく方向ですので、SBI証券は先行投資の意味合いがあるのかもしれません。

現在は【低コストな販売会社】と【取扱う投資信託でも低コストなインデックスファンド】と最強の地位を獲得していますが、今後は個人型DCを取扱う販売会社でも競争が起こるかも!?

2016年4月 人気記事ランキング


1位 au「安心ケータイサポートプラス」はいらない (2757PV)
2位 SBI証券の個人型DCをDCニッセイ外国株式インデックス(信託報酬0.21%)にスイッチングと掛金配分の変更をしました (1777PV)
3位 ひふみ投信の米国株組み入れに思う国内株式アクティブファンドの限界 (1700PV)
4位 マウント解除しないでスマホからmicro SD カードを抜いたらこうなる (1653PV)
5位 SBI証券の個人型DCに信託報酬が最低水準の投資信託を一挙に投入キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (1584PV)
6位 SBI証券の個人型401KにDCニッセイ外国株式インデックス(信託報酬0.21%)をはじめとした20本の投信を発表! (1547PV)
7位 銀行員を信じるなと警鐘を鳴らしつつも実は一番読ませたい読者は銀行員という愛情あふれたマネー運用本 (1501PV)
8位 主要インデックスファンドの成績 2016年1月~3月 (1483PV)
9位 米国人も羨む!?日本の低コストインデックスファンドの分配金事情 (1453PV)
10位 米国の売れ筋投資信託に日本の低コストインデックスファンドは肩を並べました (1419PV)

Google検索キーワード


1位 安心ケータイサポートプラス
2位 債権とは
3位 三井住友・dc全海外株式インデックスファンド
4位 インデックス投資
5位 sdカード マウント
6位 高配当etfで戦略的インデックス投資日記
7位 dcニッセイ外国株式インデックス
8位 バリュー平均法
9位 個人型確定拠出年金ナビ
10位 ひとくふう日本株式ファンド
※似たようなワードは下位を除外

7位にランクインした「DCニッセイ外国株式インデックス」は今後も大切にしていきたいファンドです。

 参考  事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書のハンコをもらいました(2013.12.18)

ランク外には「事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書」なども登場していいましたので、水面下で個人型DCに興味をもっている人が増えてきている印象があります。

スポンサーリンク