差し棒 解説 紹介

アウターガイさんの情報で知ったのですがラップ口座向け「たわらノーロード」が登場します。
EDINET情報をみると、2016年06月24日登場、販売会社が楽天証券のみとなっていました。

 参考  たわらノーロードがラップ口座向けのラインナップ7本を設定|バリュートラスト
たわらノーロードの一般販売とラップ向けファンドの信託報酬比較(税抜き)

ファンド名称一般販売内訳(委託・販売・受託)ラップ向け内訳(委託・販売・受託)
たわらノーロード 日経2250.195(0.085%・0.085%・0.025%)0.175(0.14%・0.01%・0.025%)
たわらノーロード 先進国株式0.225(0.1%・0.1%・0.025%)0.205(0.17%・0.01%・0.025%)
たわらノーロード 新興国株式0.495(0.2275%・0.2275%・0.04%)0.35(0.3%・0.01%・0.04%)
たわらノーロード 国内債券0.15(0.065%・0.065%・0.02%)0.135(0.105%・0.01%・0.02%)
たわらノーロード 先進国債券0.2(0.875%・0.875%・0.025%)0.175(0.14%・0.01%・0.025%)
たわらノーロード 国内リート0.3(0.1325%・0.1325%・0.035%)0.255(0.21%・0.01%・0.035%)
たわらノーロード 先進国リート0.35(0.155%・0.155%・0.04%)0.3(0.25%・0.01%・0.04%)

まだサービスの詳細は発表されていませんが、ラップ向けファンドでは楽天証券のラップ向けサービスで手数料をとるようになるからか、ファンド内の販売会社取り分では必要最低限(0.001%)しか費用を徴収していません。

ラップ口座と言えばマネックス証券も参戦していますが残念な内容となりました。

参考記事マネックス・ セゾン・バンガード投資顧問が2016年春に事業開始されます(2015.12.13)
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問は自己矛盾に陥っていませんか?|The Arts and Investment Studies

個人的にはラップ口座を利用する必要はまったく感じていませんが、ラップ口座として各社がラインナップを充実させていく中で、楽天証券のラップ口座は手数料しだいでは一番まともなサービスにないそうなポテンシャルを秘めています。

スポンサーリンク