スマホ スマートフォンを持つ手

虫とり小僧さんの記事で、ネット取引のセキュリティのリスクに対して、どのような具体的な対策をしているのかという読者からの質問がありました。

いつか子供に伝えたいお金の話よりインターネットでお金を扱うことへのセキュリティ対策
簡単で万全な対策はない(インターネットでお金を扱うことへのセキュリティ対策・その2)

リンク先では様々な人からのアドバイスもあり参考になります。

自分はあまりセキュリティ対策について考えてこなかったのですが、もしかしたら「これも結果的にはセキュリティ対策なのかな?」ということがありました。
それは普段は持ち歩くスマホにはネット証券や銀行などのアプリを入れていません。
Amazonや楽天などのネット通販もスマホから購入することもありません。


スマホからネット証券などにアクセスして取引することもないので、ブラウザからの履歴が残ることもありません。

はじめてケータイから機種変更してスマホを手にした当初は、あまりの便利さにパソコンで使えるものと同じように様々なアプリをインストールしていました。

しかしながら、子どもが自分のスマホでYouTubeなどを観て遊べるようになった現在では、スマホにインストールするアプリは必要最小限の数しか残らなくなりました。

もしも投資対象がETFなどの手動積立だと、毎月ネット証券にログインして取引を指示する必要があります。

しかし自動積立設定された現在の投資スタイルでは、基本的にネット証券にログインする必要がありませんし、口座残高を確認する習慣もないのでスマホからお金に関するサービスのアプリがなくなってしまいました。

その結果、スマホではネット証券やAmazonなどにログインするのに必要なIDやパスワードの管理をする必要がありませんのでパスワード管理アプリも入っていません。

それらは出先で急がなくとも家に帰ればパソコンで事が済みます。

スポンサーリンク