本は薄いけれど内容は厚く、そして熱い情熱に満ち溢れています。
島田紳助さん本人は読み終えた読者にはちっとも参考にならないかもと心配しているけれど読みようによりますし個人的には大変参考になりました。
本業として経営している人にはタレントという看板があるから興味本位や宣伝効果でのメリットを考えがちであるが
紳助さん自身はタレントショップブームの限界やタレントという看板の持つデメリットもサイドビジネスを始める時からしっかり理解している。
1日もあれば十分に読み終える内容ですが書いてあることは大切なことばかりで楽しく読みやすい。
そして最後にある詩は心に響きますね。
経営者だけでなくすべての人に一読してもらいたい心の温かくなる一冊です。

関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ

タグ