歓喜 おーっ! 喜び

kenzさんのブログや日本経済新聞で紹介されていますが、以前に紹介した超低コストなiFreeインデックスシリーズがSBI証券・楽天証券で登場するかも?これは期待!では一般販売の予想と期待でしかありませんでしたが、大和投資信託ホームページからプレスリリースが発表されました。

新たな超低コストインデックスファンドシリーズ「iFree」の誕生です!

 参考  新しいインデックスファンド・シリーズ「iFree」のお知らせ|大和証券投資信託委託プレスリリース(PDF)

大和投信、運用手数料が最低水準の新商品 来月設定 :日本経済新聞
大和証券投資信託委託は9月8日に手数料を低く抑えた投資信託シリーズ「iFree(アイフリー)」を新たに設定する。

iFreeインデックスシリーズのプレスリリース発表 SBI証券と楽天証券でノーロードで発売へ - インデックス投資日記@川崎
超低信託報酬のiFreeインデックスシリーズ12本 大和証券投資信託委託が新規設定でお伝えしたiFreeインデックスシリーズについて、大和投資信託からも正式にプレスリリースが出ました。

iFreeインデックスシリーズ一覧

ファンドベンチマーク信託報酬(委託・販売・受託)
iFree TOPIXインデックスTOPIX0.19%(0.09%・0.08%・0.02%)
iFree 日経225インデックス日経平均株価0.19%(0.09%・0.08%・0.02%)
iFree JPX日経400インデックスJPX日経400インデックス0.205%(0.10%・0.08%・0.025%)
iFree 外国株式インデックスMSCI-KOKUSAI0.21%(0.11%・0.08%・0.02%)
iFree NYダウ・インデックスNYダウ平均株価0.225%(0.11%・0.08%・0.025%)
iFree 新興国株式インデックスFTSE RAFIエマージングインデックス0.34%(0.19%・0.13%・0.02%)
iFree 日本債券インデックスNOMURA-BPI総合10年国債利回り1%未満 0.14%(0.065%・0.065%・0.01%)
10年国債利回り1%以上 0.22%(0.10%・0.10%・0.02)
iFree 外国債券インデックスシティ世界国債インデックス(除く日本)0.18%(0.08%・0.08%・0.02%)
iFree 新興国債券インデックスJPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド0.22%(0.10%・0.10%・0.02%)
iFree J-REITインデックス東証REIT指数(配当込み)0.29%(0.14%・0.13%・0.02%)
iFree 外国REITインデックスS&P先進国REIT指数(除く日本)0.31%(0.16%・0.13%・0.02%)
iFree 8資産バランスなし0.23%(0.11%・0.10%・0.02%)
※信託報酬は税抜き表示

当社はインターネットを通じてお取引される投資者の皆さま向けに、低コストでさまざまな投資ニーズにお応えするインデックスファンド・シリーズとして「iFree」(アイフリー)を新たに設定します。
当シリーズは「投資、もっと自由に」をコンセプトに、投資者の皆さま(investors)が自由(Free)に選 べるファンドシリーズであること、購入・換金時の手数料が無料※(Free)でインターネット(internet)でもご購入いただけることから「iFree」と名づけました。
これから資産運用を始められる方にも、既に運用されている方にも、幅広く多くの方々にご利用いただけますよう、パソコンだけでなくスマートフォンからでも見やすい専用サイトや投資の手助けとなる様々なツールをご用意する予定です。

新しいインデックスファンド・シリーズ「iFree」のお知らせ|大和証券投資信託委託プレスリリース(PDF)

「専用サイト」や「ツール」も用意するということなので、「他社もやっているからウチもとりあえず作ってみました~」的な軽い気持ちではなく、低コストなインデックスファンドのブランド開発を真剣に取り組んできたように感じます。

  1. 純資産が順調に伸びていくのか
  2. 分配金の有無
  3. その他の費用を含めたトータルコスト
  4. ベンチマークの違い(新興国株式)

これらが気になりますが、運用がはじまってしばらく経過を見てみないとわかりません。
特にベンチマークが「配当込み」と明記されていないインデックスファンドもありますので、キチンと連動させるために分配金を出してしまうのかが気になります。

本来、こういう心配は指数との乖離から見れば邪道なのかもしれませんが…。

自分も活用しているSBI証券での新規設定なので、前回の記事のように「iFree 8資産バランス」については積立ファンドの変更も視野に入れていきます。

スポンサーリンク