各インデックスのパフォーマンス2016年12月


過去13年間で12月は10回も上昇すると言われるほど年末の株式市場は好調になりやすい時期らしいのですが、2016年12月もまた国内・先進国・新興国の株式はプラスに終わりました。

…とは言え、12月だけ株式市場に参戦すれば高確率で勝てるのかと考えるのは短絡的です。
12月が高確率で勝てるという根拠は薄いですし、毎年12月だけ参加~売り抜くには売買コストがかさみます。(だから誰もが考えたとしても実行する人は滅多にいない)

12月に強いという経験則や法則、癖と言ったアノマリーは、(個人的には)数字遊びの結果論程度に見ていて参考にしたことはありません。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式18690193333.44%
外国株式21323226576.26%
外国株式H13254136412.92%
新興国株式11688121143.64%
国内債券1130311237-0.58%
外国債券14377148183.07%
外国債券H1104611041-0.05%
新興国債券11496121355.56%
新興国債券H12348124430.77%

株式インデックスのパフォーマンス2016年12月


株式インデックスのパフォーマンス2016年12月
青 Funds-i TOPIX
赤 Funds-i 外国株式
橙 Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型
緑 Funds-i 新興国株式
画像元 Yahoo!ファイナンス

債券インデックスのパフォーマンス2016年12月


債券インデックスのパフォーマンス2016年12月
青 Funds-i 国内債券
赤 Funds-i 外国債券
緑 Funds-i 外国債券・為替ヘッジ型
橙 Funds-i 新興国債券
黒 Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型
画像元 Yahoo!ファイナンス

P.S. コメントで騰落率が10月末からの2カ月分になっているとのご指摘をいただきました。
ありがとうございます!m(_ _)m


各インデックスのパフォーマンスの説明このカテゴリでは、野村アセットマネジメントが運用するFunds-i(ファンズアイ)シリーズの基準価額を用いて、簡便的に1ヶ月間の各アセットクラスの騰落率を確認する企画です。

本来ならば、ベンチマークを使用するほうが正確な数値が出るのですが、投資信託の基準価額ならば東証が閉じて夕方頃には発表されます。

速報としてザックリ知るのを目的に利用してください。
もしも分配金を出したファンドがありましたら、当月に限り分配金額を加算します。

 PR  今回紹介したFunds-iシリーズは各ネット証券で取り扱いしています
SBI証券 マネックス証券 カブドットコム証券 楽天証券
関連記事

スポンサーリンク