iFreeインデックスシリーズ 450px

SBI証券のiDeCo(個人型DC)で「iFree8資産バランス」と「朝日Nvest グローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E)」の2ファンドが追加されました。

2017/3/10にSBIベネフィット・システムズのログインページにてプレスリリースがありました。
2017/3/11に追加されているので、すでにスイッチングも可能になっています。

特に「iFree8資産バランス」について書きます。
iFree 8資産バランスがSBI証券個人型DCに追加

iFree8資産バランスは信託報酬0.23%の超低コストバランスファンドで、インデックスファンドを8資産に均等投資(0.245%)するより低コストになるという気合の入ったバランスファンドです。

 参考  iFree8資産バランスは圧倒的低コストなバランスファンド!投資する前に知っておきたい注意点

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016でも4位にランクインして懇親会では、直接運用会社の方と雑談させていただき、「iFree8資産バランス」を特に推していたのが印象的。

SBI証券のiDeCo(個人型DC)は最近になり、eMAXIS最適化バランスの5ファンドを追加したりバランスファンドが増えてきました。

現在17本のバランスファンドがSBI証券のiDeCoにラインナップされていますが、その中でも「iFree8資産バランス」は、新興国株式の中身がスマートベータ指数の「FTSE RAFIエマージング インデックス」に許容できるのであればオススメできるバランスファンドの最有力候補です。
関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ