ETF 悩む 考える

日興アセットマネジメントから、上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(βヘッジ)が登場しました。

上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(βヘッジ)とは、上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティのリターンをMSCIジャパンIMI指数でヘッジすることで、株式のボラティリティを抜き、それぞれのリターンをあわせて株式部分のリターンとします。

この株式部分を85%、他に円キャッシュ15%の比率のポートフォリオとなります。

なにこれ意味わからん。。。
上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(βヘッジ)

上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(βヘッジ)とは何なのか?
もう一回、日興アセットマネジメントの説明を引用してみます。

MSCIジャパンIMIカスタムロングショート戦略85%+円キャッシュ15%指数に採用されている株式に投資を行なうとともに、株価指数先物取引(TOPIX先物取引など)の売り建てを行ない、信託財産の1口あたりの純資産額の変動率をMSCIジャパンIMIカスタムロングショート戦略85%+円キャッシュ15%指数の変動率に一致させることをめざします。

引用元:上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(βヘッジ)とは?|日興アセットマネジメント



MSCIジャパンIMIカスタムロングショート戦略85%+円キャッシュ15%指数って何なのか?
もう一回、日興アセットマネジメントの説明を引用してみます。

MSCIジャパンIMIカスタムロングショート戦略85%+円キャッシュ15%指数は、MSCI Inc.が開発した株式インデックスです。MSCIジャパンIMIカスタム高流動性高利回り低ボラティリティ指数*1 (以下、原指数)のパフォーマンス(株式比率85%で計算)に対し、MSCIジャパンIMI指数*2 のパフォーマンス(株式比率85%で計算)の反数にベータ値を掛け合わせることでベータヘッジを行ない、原指数のリターンとMSCIジャパンIMI指数のリターンの差分を指数化したものです。現実の運用可能性を考慮し、指数の計算にあたっては、株式比率85%、キャッシュ比率を15%としています。

引用元:MSCIジャパンIMIカスタムロングショート戦略85%+円キャッシュ15%指数とは? |日興アセットマネジメント



個人的には使い道がわからないETFという印象です。
仮にロングショート戦略をするにしても、円キャッシュなんかしないで、シンプルに100%のロング&ショートにするほうが良いように思えてしまうのは、自分が投機についての認識が甘いのかな…!?

(2017年3月26日追記)
日興アセットマネジメントのETFコラムに、株式部分を85%、他に円キャッシュ15%の比率のポートフォリオになっている理由が書かれていました。

日本株式ポートフォリオへの投資が85%になっているのは、先物を売り建てる委託証拠金(現金)が必用になるためです。

引用元:ETFコラムNo.43 「市場の価格変動リスクから解放される投資商品を目指して」|日興アセットマネジメント


【1490】上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(βヘッジ)
<愛称:上場高配当低ボラティリティ(βヘッジ)>

上場日 2017年3月13日(2017年3月9日設定)
売買単位 10口
決算日 毎年1月、4月、7月および10月の各8日
信託報酬 0.45%(委託0.40%、受託0.05%)
※信託報酬は税抜き表示
※信託報酬の配分(委託・販売・受託)について

スポンサーリンク