老夫婦 年金 散歩

いままでインデックス投資によるコツコツ積立をしてきたのは、アーリーリタイアしたいという気持ちを持っていたからではありません。

単純にアーリーリタイアするのに必要十分な資金を得られるような資産にはならないこともありますが、家族の賛同…他にも、いつかは孫がいるのかもという不確実な未来もあるので、なんだかんだと仕事をしていることでしょう。

どこか漠然と定年と言われる年齢まで仕事をしていて、普通に年金を受け取りながら生活をしていくものの助けとして現在の積立した資産を取り崩していくものと考えていたのです。

もしかしたら仕事をしていることが、自分への安心材料となっているのかも。。。

でも最近、卓球をはじめてから視野が大きくなっていっていることを実感します。
老後(現在も)にやりたい目標ができたら、不安や心配がなくなってきた感じです。
卓球 ラケット シェークハンド 卓球台

主な卓球関連記事2016年8月 人気記事ランキング 卓球リオ五輪代表の活躍に興奮と感動の夏でした
20年以上ぶりに卓球を再開することにしました。リタイヤに向けた生涯スポーツとしてベストかも
公式サイズの卓球台をついに買ってしまいました
習うより慣れろを実感した日曜日。平常心の作り方

上を見れば、60〜70歳台の老齢の方々と普通に会話をしてガチ試合や練習を毎週しています。

同年代を見ても、社会人になっても卓球を継続している人達や、子育てが一段落してから復帰してみた人も多く、中には大会に行くと元県王者高校のレギュラーとか有名大学の元部長だったなどスゴい実績の人を間近に見れるなど、こんな年齢になってから刺激をもらう日々です。

ちょっと下を見ても、現役大学生・高校生・中学生の卓球部の男女と、普通に会話をして普通にガチ試合や練習を毎週しています。

さらに下を見ても、小学生の卓球に興味をもってはじめた子どもたち(我が子含む)と、普通に会話をして普通に卓球を指導しています。

さてこんな刺激的な生活の中で小さな小さな目標ができました!

それは自分の住む地域にもっともっと卓球を根付かせたい!!

最近は、現代卓球の理論(20年前の常識とかなり違う)を本やDVD・YouTubeから学んだり、子どもたちが上手くなるための効率的なトレーニングや飽きない練習メニュー作りなんかを考えているのが楽しかったりします。

いつかは自分が育て上げた子ども達が、県大会や関東大会に進出なんてできたら自分事のように喜べるんじゃないかな…と。
※参加しているクラブで実際にそういう子はいますが、最近参加し始めた自分がその子の子供時代から知っているわけではない

そして生涯スポーツとして卓球で行こうと決めたら、老後に必要な資金が趣味面で見ればかなり限定されていてローコストで済むんじゃないかと思えてきました。

なにしろ仲間内で公民館のホールや体育館の卓球場や小学校の体育館を借りているので、採算を考える必要はありません。
練習して凹ましてしまったボールの費用と練習場の費用くらいなものなので、1回の練習で必要な資金は100~200円しか支払ったことがありませんww

大会も団体戦で4000円だとしても、チームが4~5人で結成するのですから、割り勘で1000円いくかどうかのレベル。個人戦の大会も似たような金額の1000円程度で出場できます。

これはゴルフやテニスなど他のスポーツと比較して、ローコストで済むのではないでしょうか?

でも、ローコストな老後生活ができそうな趣味が出来たからと言っても、早くアーリーリタイアして、好きな卓球を好きなだけやりたい!…というわけではありません。

仕事をしながら平日の夜・週末と、いくらでも卓球クラブを掛け持ちで参加している現役世代プレーヤーもいるわけで、アーリーリタイアしなくても楽しく過ごせる現状がここにあります。

もちろん、これから卓球を続けることが困難な大怪我や病気をしてしまう可能性もありますが、最近の目標は健康寿命80歳超えあたりを目標に現役で卓球を続けられたらいいなぁ~と考えてます。

30歳頃より40歳を超えている現在のほうが、身体のキレがいい感じがするので、この調子でトレーニングとトレーニング前後のプロテインによる栄養補給を継続して健康を維持していきます。

大事なのは現役世代のうちから「何かしたい!」と思えるような趣味を見つけること。

「何かしたい!」と思えるような趣味をもたない退職者ほど、これから何をしようかで悩んだり、必要以上にお金を使うことになったり、お金に対して必要以上に不安になったりするように感じます。

もちろんブログを書き続けたことで拡がった人脈との交流もまた、現在も含め老後でも楽しみになっているといいなぁ~と思っている次第です(^^)
関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ