楽天・バンガード・ファンド

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」が2018年1月10日に新規設定されます。
「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」は、米国で上場している海外ETFである「バンガード・米国高配当株式ETF」(VYM)を主要投資対象とする投資信託です。

愛称は「楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式)」です。
個人投資家間で勝手に命名するであろう「楽天VYM」でも通用することでしょう。

アウターガイさんの情報で知りました。さっそくEDINETで自分もチェック!

 参考  楽天投信投資顧問がVYM(米国高配当株式)相当の超低コストインデックスファンドを新規設定|バリュートラスト
ファンド名楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド
愛称楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式)
愛称その2楽天VYM
運用会社楽天投信投資顧問
対象指数FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス(円換算ベース)
主な投資対象バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)
購入時手数料なし
信託財産留保額なし
運用管理費用(信託報酬)0.2096%程度※(運用0.05%・販売0.05%・信託0.02%・対象ETF0.08%)
設定日2018年1月10日
決算日毎年7月15日
※対象ETFに消費税はかかりません
※バンガード・米国高配当株式ETFの経費率(0.08%)は記事作成時点
※信託報酬の配分(委託・販売・受託)について

2017-12-23.png
画像元 楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドの有価証券届出書

2012年からのデータでは国内・先進国・新興国株式と比較して下値抵抗があるのを確認できます。
ハイテク・成長株が除外される傾向にあるので、下落局面には高配当株式ならではの強み!?
騰落率の最小値(-9.2%)が他の主要株式アセットクラスの半分程度、先進国債券(-12.7%)新興国債券(-18.3%)よりも優れている結果は特筆すべき点と言えるでしょう。
※設定前のファンドですので対象指数データです

楽天・バンガード・ファンドの創設を発表!期待されるファンドや今後の投信界隈はどうなる?では今後のラインナップで期待しているファンドを紹介しましたが、新興国株式と米国高配当株式が予想より早く発表・登場しています。

楽天・米国生活必需品セクター・ファンド(信託報酬0.22%)
楽天・米国バリュー・ファンド(信託報酬0.18%)

この未来予想も、いつかは…期待しちゃいます♪

米国高配当株式に投資する低コストインデックスファンドは、高配当戦略を好む個人投資家のニーズが高いファンドの1つです。
ETFだと分配金を確実に吐き出すのが仕様ですが、インデックスファンドなら無分配でファンド内で再投資されるので税効率もいいし楽チンです。

楽天投信投資顧問さん!グッジョブ!
関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ