疑問 吹き出し 探す

2017年12月は21本の記事を投稿しました。

今月も来年(明日)からいよいよ開始される「つみたてNISA」に向けて、多くの魅力的な投資信託が登場した記事に注目が集まりましたが、その中でもアクセスランキングで1位となったのは以外にも、「小ネタ」としてサラッと書いたあの記事でした。

最初は自分だけが理解不足なままだと感じていました。
でもアクセス数を見ると、案外知られていなかったのかもしれません。

自分は非課税期間の無期限化に気持ちが向かいすぎていたのかもしれません。非課税期間の終了後の自動移管先という現状の現実もキチンと考えないといけないですね(;・∀・)

ちなみに、現状ではNISAの非課税期間の終了後(ロールオーバーの場合)は確定申告が必要な一般口座に向かいますが、改善されて誰もが親しみのある特定口座への決着となりそうです。

ほったらかし投資でロールオーバーでも、特定口座へ自動移管なら楽チンですね。

仮に最新の超低コスト投資信託ではないもので運用していたら、非課税期間最終年度のうちに手動で売却→特定口座で超低コスト投資信託に乗り換えて再投資をすればいいのかなと考えています。

2017年12月 人気記事ランキング


1位 あれ?NISA非課税期間終了後って確定申告が必要な「一般口座」に自動移管だったっけ?
2位 楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド!4本目の楽天・バンガード・ファンドは米国高配当株式の登場
3位 SBI証券の「つみたてNISA」の積立設定受付が12月17日(日)から開始
4位 お金は寝かせて増やしなさいは3000記事を超える梅ランのすべて+αが凝縮されたベストおすすめ本
5位 つみたてNISAでETF投資を大和証券が発表!
6位 楽天・バンガード・ファンド2本が楽天証券iDeCoに追加されました
7位 2017年11月 人気記事ランキング 「EXE-iつみたてシリーズ」「楽天・バンガード・ファンド」「eMaxis Slim」注目ファンドが目白押し
8位 SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)が設定されました
9位 利回り(リターン)をどうやって見積もっているのか?
10位 日本を含む先進国株式「EXE-iつみたて先進国株式ファンド」が0.11%という超低コストで登場!
※現在PV数の公開はしていません

検索キーワード


1位 topix 商標使用料
2位 資産形成は時の流れにまかせて ブログ 削除
3位 vix1552
4位 世界経済インデックスオープン
5位 インデックス投資 ブログ
6位 楽天証券 投資信託 スーパーポイント
7位 funds-i おすすめ
8位 お金のデザイン 評判
9位 ベーシックインカム 池上彰
10位 楽天バンガード ideco
※似たようなワードは下位を除外

Google Analyticsによるアクセス解析を参考にしています
 関連  Google Analyticsによるアクセス解析の説明と注意点
関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ