main_180315_01s-.jpg

松井証券のiDeCo参入については以前にも紹介しましたが3月30日から申し込みを開始されるようになりました。

個人型確定拠出年金「iDeCo」の申込受付を3月30日より開始します|松井証券
商品ラインナップについては当初のプレスリリースと同じく12種類の厳選ラインナップとなっているので、ファンド選びがシンプルで迷いがなく良心的になっています。

カテゴリ運用商品名
(運用会社・商品提供会社名)
信託報酬
(税抜)
国内株式DIAM DC 国内株式インデックスファンド
(アセットマネジメントOne株式会社)
0.155%
国内外株式ひふみ年金
(レオス・キャピタルワークス株式会社)
0.76%
国内債券三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.12%
国内REITたわらノーロード 国内リート
(アセットマネジメントOne株式会社)
0.25%
先進国株式eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.1095%
新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.19%
先進国債券eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.17%
新興国債券三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.52%
海外REITたわらノーロード 先進国リート
(アセットマネジメントOne株式会社)
0.27%
コモディティゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)
(日興アセットマネジメント株式会社)
0.37%
バランス型eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
(三菱UFJ国際投信株式会社)
0.16%
元本確保型商品みずほDC定期預金(1年)
(株式会社みずほ銀行)
-
取扱商品一覧|松井証券より作成

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は松井証券のiDeCo参入当初のプレスリリース以降、信託報酬が0.21%→0.209%→0.16%と2段階ほど引き下げられているので最新版にアップデートしました。

運営管理機関(松井証券)に支払うコストについては無料です。
他の費用については制度そのものが変わらないと削減できない固定費用なので仕方がありません。


毎月掛金を拠出する加入者掛金を拠出しない運用指図者
国民年金基金連合会1030
運営管理手数料(松井証券)00
信託銀行6464
合計167円/月64円/月

新規加入時・企業年金からの移換時の手数料は各社共通で2777円(税込)
積み立てた掛金の給付を受ける時の手数料は各社共通で432円/1回(税込)
松井証券のiDeCoから他社のに移換する際の手数料は4320円(税込)

考察


iDeCoは加入者の年齢にもよりますが、60歳まで引き出し不可能なだけに長期投資が前提となりますので、長期投資に適した商品選びが重要になります。

その点で見ても、業界最低水準の運用コストをめざすeMAXIS Slimシリーズのようなファンドがある運営管理機関(販売会社)があるだけで魅力的になります。

eMAXIS Slimシリーズがある運営管理機関は他にマネックス証券があります。
関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ