要望 疑問 ?

年金の受給開始は原則65歳で、希望すれば±5年の60~70歳の範囲で選べます。

仕事の定年は60歳で、65歳までの定年後の再雇用が法律で義務付けられています。

iDeCoの掛金拠出可能期間が60歳まで、受給開始年齢も60歳からです。

iDeCoは年金受給開始の原則65歳まで拠出可能になると都合が良さそうという話です。
もしも仕事を60歳の定年で辞めてリタイア生活をするのならば、年金の繰り上げ受給をして早ければ60歳から受給開始する必要があります。
もしくは60歳~65歳までの「空白の5年間」を会社からの退職金やiDeCoの資産で取り崩すなど…。

年金の受給開始である原則65歳まで待つのならば、仕事を65歳まで頑張る必要もあるでしょう。
再雇用された60歳以降の給与は正規雇用時と比較して大きく減額されているはずなので、iDeCoの資産で取り崩して不足分をカバーすることもあるでしょう。



ここまでは現在40歳代の自分が想像できる範囲の老後のイメージです。

年金の受給開始が65歳で仕事の定年が60歳。
ここには不自然があるので年金にも定年にも幅が設けられています。

ここで提案!

iDeCoにも掛金拠出可能期間の60歳が、年金の受給開始である65歳に揃えればいい!
受給開始年齢については現行の60歳での早期受給(拠出は停止)も可能と幅をもたせれば、現状と変わらない。もしくは改善と感じる人しかいないはず。

働き方は様々ですから、60歳を前にアーリーリタイアする人や、70歳を超えても生涯現役で仕事を継続する人だっていることでしょう。

高齢社会対策大綱によると、年金開始も70歳以降の受給開始を選択可能とする制度改善の流れ。
年金開始、70歳超も選択可能に 増額率をさらに上積み 国が検討、早ければ20年度から|NIKKEI STYLE

そうなるとiDeCoの60歳は早すぎる。

年金の受給開始に合わせてiDeCoも原則65歳に揃えてから、受給開始年齢は早期に60歳も可能にするなど幅をもたせてくれると利用者としてありがたいのです。

ちなみに自分は週休3日、仕事上がりが15時くらいの簡単な仕事が見つければ、生涯現役で生活するのもいいなぁ~と感じています。

(おまけ)
過去にも定年や老後についてブログで書いていました。
日本に定年制度はいらない(2011/04/22)
老後にやりたい目標ができたら不安や心配がなくなってきた(2017/08/05)
関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ