ガソリンの価格がまだまだ上がりそうな気配ですが
原油価格の高騰で誰が喜ぶのか?
まず消費者は真っ先に困るでしょう
ならば産出国が喜ぶのかと思っても話はそんなに単純ではない
原油価格が上がりすぎると世界は代替エネルギーに走るから・・・
だって原油の強みは「安い」しかない
その安さが無くなるのなら原油にはもうメリットがない
産出国もその辺りはよく理解していて最近の投機的な値上がりは実際には喜んでいるわけでもなく
手にしたオイルマネーも浪費することなく世界中の株式・不動産などを買い漁って投資立国の道へ進んでいます。
そして原油高の影響で世界中の商品相場も連鎖して上昇中です。
そんな中、注目してみたのがブラジル
ブラジルと言えばサッカー世界一の王国(今日現在は2位)やコーヒー畑もそうですが
サトウキビ生産&輸出の世界一です。
サトウキビバイオエタノール(エチルアルコール)にも使われるのでブラジルとは代替エネルギー資源国なわけです。
相場的にどうなっているのかと言えば

原油チャート
原油チャート

そしてこちらはHSBCブラジルオープンのチャート
HSBCブラジル

原油が上がればバイオエタノールへの期待も上がるって事ですか
なんかブラジル国家そのものが原油相場の影響をモロに受けているようにも見えます。

ちなみにHSBCブラジルオープンマネックス証券だけですが50万円以上の購入ならばノーロードです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None