電車 車両 入替 交差

8月31日に毎年恒例JPX日経インデックス400の構成銘柄の入れ替えが予定されています。

2018年のJPX400構成銘柄の銘柄入れ替えは、追加26・除外25となっています。
400銘柄中の26銘柄とは、均等配分されているポートフォリオの6.5%が変更となります。

JPX日経400銘柄入れ替え 中小型も実施|日本経済新聞

パフォーマンスが平凡なJPX日経400


2018-08-08.png
画像元 ヤフーファイナンス

JPX日経400はGPIFや日銀も投資するスマートベータとして華々しくスタートしましたが、パフォーマンスはTOPIXと同等もしくは劣後している印象です。

2015年には構成銘柄の10%(追加43除外42)が定期入替されたこともあり、銘柄変更は年1回の毎年8月末に行われているとはいえ、かなりアクティブな指数となっています。

銘柄入れ替えにはコストが発生します。指数にはコストがかからなくてもJPX日経400を投資対象とするETFやインデックスファンドにはもれなくコストがかかってしまいます。

理論的には素晴らしくできたものだとしても現実は上手くいかないことはよくある話です。構成銘柄が大きく変わりすぎてしまう指数への投資は連動が難しくなるのではないでしょうか?

JPX日経400採用・除外銘柄一覧


採用除外
マルハニチロ大王製紙
西松建設日本化薬
森永製菓東洋ゴム工業
すかいらーくホールディングス住友大阪セメント
SUMCOニューフレアテクノロジー
TISイーグル工業
昭和電工日本航空電子工業
電通東京きらぼしフィナンシャルグループ
エン・ジャパン日信工業
ポーラ・オルビスホールディングスミツバ
出光興産リコー
JXTGホールディングスセイコーホールディングス
コスモエネルギーホールディングスサンリオ
ニチアス高島屋
古河電気工業群馬銀行
東プレスルガ銀行
テクノプロ・ホールディングスほくほくフィナンシャルグループ
リクルートホールディングス中国銀行
三井海洋開発山口フィナンシャルグループ
ゼンショーホールディングス興銀リース
任天堂ジャフコ
日本ユニシスカブドットコム証券
丸井グループ西日本鉄道
PALTAC南海電気鉄道
九州電力バローホールディングス
カプコン
※銘柄一覧は日本経済新聞より抜粋
関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ