わたしが全財産を失ったのは唯一
自分で自分のルールを破ったときだった

相場の動きを漫然と「期待して待つ」のは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間「反応する」のが投資・投機である。

相場師が成功を収めるための闘いは、心理的戦いであって知力の戦いではない。
人間らしい気持ち、感情の自由な働きを自らに許すのは、取引を清算した後、すなわち株や商品に投入された資金がすべて現金化された後である。
金が証券の形をとっている限り、生身の感情を“殺し”続けなければならない

「世紀の相場師」よりジェシ-・リバモア

関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ