中国やロシア、インドなどの新興国バブルは米国のサブプライムから来る不況がどれだけ影響されるかG7で議論されるようです。

 東京G7、新興国の成長見通しも議論へ
東京で2月9日に開かれる先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の特別会合で、中国やインドなど新興市場国の経済成長が、米経済の減速を補ってどこまで世界の経済成長を支えられるかが討議される見通しとなった。

特別会合は、G7の会議終了後に夕食会の形で行われ、日米欧7か国のG7メンバーに加え中国や韓国などが招かれている。

新興市場国の経済は、かつては対米輸出に頼る部分が大きかった。しかし、最近は輸出に占める米国向けの割合の低下や、新興市場国の国内消費の拡大などで、米経済からの「切り離し(デカップリング)」が進んでいるとの見方がある。

国際通貨基金は2007年春の「世界経済見通し」報告で「米経済が予想以上に急激に減速した場合でも、世界経済は米経済から切り離して成長可能かどうかが焦点」と指摘していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080201-00000005-yom-bus_all


影響は当然来るでしょうし先進国より今後、大きな下落率だってあると思いますよ?
大きく上がったものはいつか大きく下がるように今までなってきていますから・・・。
関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ