周りのブログでは行き渡っている情報ですが野村アセットマネジメント社がREITに連動するETF上場を発表しました

野村アセット、REITに連動するETF上場を発表
野村アセットマネジメントは26日、不動産投資信託(REIT)の指数に連動する上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場すると正式発表した。対象となる指数は「東証REIT指数」で、REITで運用するETFは国内初。上場予定日は9月18日。最低売買金額は1万3000円程度になる見込み。


梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーによると資料のミスプリント騒動が1日の間にありましたが信託報酬は税込み年0.336%で落ち着きそうです

ちなみに分配金は年4回!これはこれで良いと思います。REITは年に2回、決算を迎えますし
制度的に配当性向は95%以上・・・今のところ実質ほぼ全額の収益(テナント料・家賃・倉庫両料)を配当として吐き出しています
株式会社みたいに経営陣の決定で利益の行き先を決まる方法とはもともと違う性質があるので株式投資とは違う視線でJ-REITを見ていくべきでしょう

配当性向ほぼ100%ってことは自分の中では本来基準価額は右肩上がりではなく横ばいになる商品だと思っています

でも実際は投資家の感情によって東証REIT指数はTOPIXよりも派手な動きをしてきました
これからどうなるのかは誰にもわかりませんが株式で資産形成をした後に不動産で安定的な収益を手にする・・・。自分の中で思い描くひとつのカタチです

J-REIT物件には一級品は滅多にでないで型落ち物件が多いので勧めない不動産投資家はいますが
REIT・・・さらにはそれらをパッケージングしたETFには多数の物件を分散して所有できると言うリスクを減らすメリットがあります
それに一棟まるごと不動産投資しても修繕とか手入れをするのとか考えると自分が不動産に手を出せるのはREITもしくはそれらに連動したETFしか考えられません

野村アセットマネジメントさん。グッジョブ!!

スポンサーリンク