昨日、メールのやりとりですが簡単な取材を受けましたsai.leter-p
そして取材は終えたのですが自分自身けっこう興味のある質問だったので同様のものをみんなにも聞いて見たいと思います。

3秒で終了できる簡単なアンケートなので気軽に参加してください
今回は11日の夜にコラムとして登場すると思うのでアンケートに参加したからと言って記事に反映されることはないと思いますが

※記者さんからメールで
『原稿は今書いている途中なので、もし締め切りまでにある程度回答が集まったら、また紙面で紹介させていただきたいです。』
と頂きました。

あなた自身の考えをここで投票してみてから記事を見るのでは読む視点も変わってくる(受動的から能動的に)だろうし
あなた自身の考えが平均的な回答から見て多数派なのか少数派なのかを知る機会になるかなぁ~っと
それと自分自身の取材時に出した考えが平均的な回答から見てどうなのかを知ってみたいので兎にも角にも協力をお願いします。

ちなみに自分の返答内容は記事になる時まで伏せておきます。アンカリング効果が出ちゃうでしょ?
自分の出した答えがアンカーとなってみんなの解答を無意識に誘導しないようにします。



それでは取材内容です

金価格連動から始まって、中国、ブラジル、ロシア・・・と、現物株ではなくリンク債を組み込んだETFが国内で増えています。
たとえばもし、MSCIコクサイなどの関心が高い指数のETFでリンク債を使ったものが東証や大証に上場したら、投資されますか?

ちなみに野村アセットの商品をなんと呼ぶか、議論がありますが、投資信託の形をとっているので正式にはETFということになるようです。
ただ実質的にはETNという論にも一理あると思います。整理するとこんな感じかと思っております。

  • 野村アセットの商品とETNの共通点→債券の発行者の信用リスクに市場価格が左右される可能性がある。

  • 違う点→ETNは満期がくると指数への投資を続けるためには投資家が自分で乗り換えなければいけないが、野村アセットの商品は勝手に乗り換えてくれる。


こんな感じの内容です。それでは金曜日あたりまでアンケート受け付けますので気軽に参加してみてください





ちなみに取材先は毎度お世話になっている日経さんです
そして3度目の登場になる日経ヴェリタスのスクランブルですので今回も当然ながら購読者限定サイトですうーん
・・・ってことで自分も読めないのでワード文書でまたお願いしますぺこり

スポンサーリンク