生命保険では何かと話題のライフネット生命が付加保険料率(生命保険の「原価」)の開示をしました!
既存の生保ではありえない事ですしライフネット生命が生保業界に風穴をあけ始めているのは間違いないようです

付加保険料率(生命保険の「原価」)の開示について

10年以上前のことになりますが、1995年に、保険業法が全面改正されました。その趣旨は、経営の自由度を増し効率化を図ることによって、その成果を利用者に還元することであった、と記憶しています。この10年で、自動車保険の保険料は、平均で10%ほど安くなりました。しかし、新契約1件当たりの生命保険料は、ほとんど安くなっていません。

例えば、代表的な商品である定期死亡保険(30歳男性、期間10年)では、約2倍の保険料格差が生じているにもかかわらず、そうなのです。この理由は、商品の比較情報が、ほとんど行われていないことが原因ではないかと、私は考えています。

わが国で、比較情報を発展させるためには、まず、約款(商品の内容)と保険料表(商品の値段)の開示が必要ではないか、と思います。この2つの情報が公開されない限り、比較情報を発展させることは不可能です。さらに、生命保険は他の商品と比べて依然として売り手である保険会社と買い手である消費者の間の情報格差が大きいことを考えると、生命保険会社が自ら(生命保険事業の運営経費にあたる)付加保険料の開示を行ってお客さまの判断材料を提供することも大切であると思います。

ライフネット生命は、このように考えて、11月21日に、中間決算に合わせて付加保険料率の全面開示に踏み切りました。

具体的には、死亡保険(定期)「かぞくへの保険」を例に挙げると、30歳男性、保険期間10年、保険金額3,000万円の場合、月額保険料3,484円のうち、815円(23%)が保険会社の運営経費に相当する付加保険料となっています。

私たちの行動が、わが国の生命保険の比較情報の発展に少しでも寄与することができれば、これほど嬉しいことはありません。どうか、これからも、ライフネット生命をよろしくお願い申し上げます。


保険屋も商売なので付加保険料率がゼロになることは不可能です。生保レディーをバンバン起用している対面販売型はどうしても高コストになりがちです
ただこの付加保険料率が非公開のままだと配当(最近は無配もあるが)の透明性も問われますし『高い保険は高い価値がある』なんて勘違いも起きないので勇気ある開示には今後もエールを送りたいところです♪

PDFの資料を見ると同じ年齢の同じ商品を男女で比較すると保険料は男性の方が高いけれど付加保険料率では女性の方がより大きなコストが掛かっていたんですね?
こういうのは業界の人や保険に精通している人以外はあまり知られていない事実だったんでしょうねぇ?

かぞくへの保険 保険期間10年 保険金額1,000万円のコスト比較

20歳男性保険料1,092円100%

純保険料695円64%

付加保険料397円36%
20歳女性保険料618円100%

純保険料304円49%

付加保険料314円51%


スポンサーリンク