NightWalker's Investment Blogさんの記事
インデックスvsアクティブ どちらを選ぶべきか? 2009年 1月号
株式十八番!さんの記事
アクティブとインデックスの優劣論を参照してください・・・記事ネタのパクリですから(笑)

インデックスファンドとアクティブファンドのどちらが良いか?と言ったら自分だったら間違いなくインデックスファンドをおすすめします
理由は山崎さんではありませんが『コストが安い』からです

・・・ではインデックスファンドと同等なレベルまで信託報酬が下がったらアクティブファンドでも良いのか?それでも自分だったらインデックスファンドをおすすめしてしまいます

何故か?自分の過去記事である投信王「秋の陣」で優秀賞・・・って を見ると簡単に理解できると思うのですがファンドマネージャーの意思とは関係なく投資家の解約によって下落相場ではいくつもの銘柄を売って現金化しないといけないケースが出てきます

投信王に参加した8割以上の投資家がキャッシュポジションの恩恵でTOPIXに勝利したのもビックリな話ですが
キャッシュポジションを自由に設定できる(であろう)し投資ツールも揃っているプロが運用するアクティブファンドに9割以上の参加者が勝利したのもさらにビックリな話なわけですよ?

自分の中の答えはでました
インデックスvsアクティブならば答えは五分五分・・・そのひとの適正にもよる

インデックスファンドvsアクティブファンドならばインデックスファンドです

たとえ神がかりなファンドマネージャーが存在したとしてもそれに期待している投資家が足を引っ張りますよ?

今回の記事の元ネタはこちらです

さらに言うと大切なのは銘柄選択ではなく資産配分です
なぜ市場平均であるTOPIXに8割以上の参加者が勝ったのか?それを意識したほうがいいでしょう?

スポンサーリンク