昨日の記事で紹介したイチロー選手の言葉はけっこう興味深いので記憶から消さないようにメモします

1998年までの僕は『形』を探すのに精一杯だったのです。世の中の人の中には、形が変われば、それを進化と評価する人もいますが、僕の場合は退化だったのですよね


かつては『形』を試していました。あれは、自分の『形』が見つからない不安の証でもありました


自分の『形』ができていない状態では、いろいろなことを感じられません


パワーは要らないと思います。それより大事なのは、自分の『形』をもっていないといけないということです


進化する時というのは『形』はあんまり変わりません。だけど、見えないところが変わっています。それが本当の進化じゃないですか


自分が作り上げてきたものを崩すわけにはいきません。自分の技術を支えている気持ちが切れると不安が出ますから、それだけはしてはいけません


相手が変えようとしてくる時に、自分も変わろうとすること。これが一番怖いと思います


毎年、気持ちは変わりますし、体も微妙に変わります。良いフォームが何年経っても良いとは思いません。その時々に自分に合うフォームが必ずあるはずです


次回は「進歩」について

イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチングイチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング
(2008/07/24)
庵里 直見

商品詳細を見る

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ