下り坂に向かう兆しは最盛期に現われ、新しいものの胎動は衰退の極に生じる。
順調なときにはいっそう気持を引き締めて異変に備え、難題にさしかかったときにはひたすら耐え忍んで初志を貫徹しなければならない


※菜根譚(さいこんたん)は、中国の古典のひとつです by Wikipedia

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ