以前の記事【重複上場は】バンガード豪州市場に上場【幻想なのか?】で送った手紙の返事がポストに投函されていました。棚卸しでくたびれた身体もふっとばし文章を入力♪

その前に自分の送った手紙から・・・

毎度お世話になっています
資産運用ブログ『カウンターゲーム』の管理人『とよぴ~』と言います

先日、海外籍投信ニュースのヘッジファンドクルーク 2009/03/19にバンガードETF、豪州市場に上場の記事を拝見させていただきました

その記事内で
『バンガード・オーストラリアのイアン・アルコック氏は「豪州市場におけるETFの上場は、インデックス投資に実績のある同社にとって当然の展開だ」と述べています』

前回の質問のときには加藤さんからの返答
最大にして、最も基本的な問題は、需要の大きさです。国内の大手機関投資家が海外のマザーマーケットを通じて売買可能なこと、逆に国外機関投資家がわざわざ日本の取引所で取引をすることが期待できないことを考えると、取引量はきわめて小さくなるものと予想されます。しかも、東京はマザーマーケットと取引時間がまったく重なりません。
そうした状況で取り扱い証券業者(マーケットメーカー)が値段を打ち出そうとした場合、効率的な値付けなどとても望めません。売買スプレッドは、相当大きく広がらざるを得ないでしょう。だとすると、そこから誰が利益を受けることが出来るでしょうか。投資家の皆様にとっても、メリットがあるとは思われません。』

・・・と親切な回答をいただきました

  • 日本と豪州の時差は±2時間程度

  • 最も基本的な問題の需要の大きさも豪州より大きいと確信しています

  • 取引量も豪州のそれよりも大きいと思います

バンガード・インベストメンツ・オーストラリアのイアン・アルコック氏は大きな決意を持って豪州市場におけるETFの上場を決めたのだろうと思います
これも投資家の皆様にとっても、メリットに繋がると思いますしバンガードにとっても意義のある行動・・・長期的にはメリットになると思います

現在バンガードのETFを購入する場合は海外ETFとしてネット証券会社を通じて取次をしている状態です
この状況はいつまでも続くものではなく最終的には国内取引所で購入できる状態が到達地点と言えるでしょうし
そう考えると現状のETF事情は過渡期の一面に過ぎないと考えています

問題としている時差も関係なく香港では多数のETFを売買できますし
バンガードのETFが米国ではない豪州で上場するのも貴社の長い歴史において当然です

バンガードのETFが日本上場になると困る存在がいるのかどうかは知り得ませんがその困る存在こそが日本の個人投資家にとっても困る存在そのものだとも感じます
英語が通用しない日本人の日本語が重複上場の邪魔をしている・・・とか
香港等の諸外国に比べて法整備が遅れて手続きの面でのコストが日本は掛かりすぎる・・・などの憶測ばかりが議論されている感じで真実は隠されているような気もします
実際のところ日本におけるバンガードの現在の戦略は昨年あたりと比べて変化はあるのでしょうか?
前回の返答では「まるでカメの歩みのように」と表現されていましたが最近はいかがでしょうか?

バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表取締役の加藤 隆さんもイアン・アルコック氏に追随してもらうことを切に願います

前回は親切丁寧な返答ありがとうございました♪
それでは今後ともよろしくお願いします

・・・抽選の結果次第ですがバートン・マルキール教授を招く5月17日のセミナーに参加の予定です。もし会える機会があれば今までの突然の手紙取材(?)も含めて感謝の気持ちを伝えたいと思います♪

ブログ「カウンターゲーム」
管理人「とよぴ~」


前フリの長い手紙ですいませんぺこりそれでは加藤さんからの回答です

前略
お手紙ありがとうございます。いつもバンガードグループおよびその投資商品にご関心をたまわり厚くお礼申し上げます。

さて、ご質問の件につきお答えします。

前回、当社の基本的な経営方針については触れさせていただきましたので、ここでは繰り返しませんが、もう一度ご参照いただければ幸いです。

米国で上場されているバンガードETFの国内上場での重複上場についての私の見解は、現在も変わっていません。

つまり、前回ご説明した理由で、重複上場を行ってもそこから日本の投資家の皆様がメリットを享受できる状況は今のところ期待できない、と判断しています。

ちなみに、お手紙の中で、香港のETF事情に触れておられますが、私の知る限り香港に重複上場されているETFは数も限られ、また、取引量を見ても、同地の投資家に十分利用されているとは思えません。

バンガード・オーストラリアのETF創設・上場に関しては、下記の公式発表以上のことをコメントすることが出来ません。どうぞあしからずご了承下さい。

日本の報道記事では必ずしも十分な解説が尽くされていないと思われますので、英語で恐縮ですが、下記リンクで原文をお読みいただくことをお勧めいたします。

対象銘柄等、追加情報については、メディアリリース情報をお待ち下さい。

今後とも日本の投資家の皆様に、より良い投資機会をご提供できるよう、サービスの改善に最善を尽くしてまいりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いします。

草々

バンガード・インベストメント・ジャパン証券株式会社
代表取締役   加藤 隆

バンガード・オーストラリアのETF創設・上場に関するメディアリリース
http://www.vanguard.com.au/personal_investors/news--commentary/media-releases/media-releases_home.cfm?item=vanguard-to-launch-exchange-traded-funds-in-australia
以上


重複上場に対しては今後も期待できない事情があるんです・・・前回の突撃取材でも自分自身「それが不可能であることも覚悟しないと行けない時期に来ている」って言葉を半年以上も前から書いていたりもするしね?
ただ日本にいることで知らない香港の事情のこともチョットだけ知りました
誰か香港市場のETF事情で詳しいサイトを知っているひと教えてくださいな?

それと最後の教えてもらったバンガードのメディアリリース・・・英検4級の自分には理解不能です(笑)
内容の理解できるひとはこの記事にトラックバックして自分に教えてください。ヨロシクです♪

最後に毎度毎度とホントに真正面からの失礼な質問を代表取締役直々に返答をくださって本当に感謝ですぺこり

スポンサーリンク