冨山さん松本さんの対論本
サブタイトルに10の提言とあるが本編ではひとつのテーマを相互で論じているのもあり11章構成 となっている

章のつながりでテーマが重複しながら進むがテンポが良くテーマについての両者の各論も読み応えがあって面白いし読み終えて心地よさが残る・・・と同時に日本の課題も構造的で大掛かりな改革を必要としていることに気づく

本編は11章だが10の提言とはこういう事になる

  • 20代の政治家・官僚・民間人による「未来の内閣」設置
  • 世代別選挙制度の実現
  • 現在の公的年金制度を解散、保険料は全額返還
  • 地方中核都市への人口一極集中化を誘導
  • 参議院を憲法審議機関とする
  • 正規社員と非正規社員の区別撤廃
  • 外資系製造業を積極的に誘致し、日本国内にマザー工場設置を促す
  • 上場企業には会社法で認められた範囲以上に厳格なルールを適用
  • 経済犯の罰金を不正利益の10倍ルールに
  • 戸籍制度の全廃と婚外子の権利制度撤廃


関連記事

スポンサーリンク


関連コンテンツ

コメント 4

実現は困難でしょうね。

 どれもこれも実現できそうにないもののように思えます。
 日本に革命でも起こるか、今の「日本」が倒産するかして、まったく新たな国作りが行えるような状況ならば、可能性がないわけでもありませんが、そういう場合でも、きわめて困難でしょう。
 いざ、そうなったら、誰でも、自分を守ることに精一杯になってしまいますし、……。
乙川乙彦 URL 2009/04/08 14:12 Edit

どれも無理そう・・・

年金だけ述べます。
★現在の公的年金制度を解散、保険料は全額返還

これなんか、本当にやったらお年寄りが怒りますね。
本来、マクロ経済スライドを導入した目的は少子高齢化と平均余命の伸びによる年金支払いの増大化を防ぐ仕組みを作る事で100年安心の年金システムにして、現行の年金支給開始年齢(65歳)をこれ以上遅らせる事がないようにする為です。
但し、本当に困るのは現在、国民年金、厚生年金を運用しているGPIFの年金運用が下手糞である事実です。
また、年金についてはマクロ経済スライド、運用利回りを考えなければ、低所得者には有利なシステムになっている筈ですが、その低所得者が年金保険料を支払えない(支払っていない場合も有)事態になっており、本来の社会保障の仕組みが根本から崩れている現状が有ります。
もう一つ、問題なのは社会保障の趣旨を理解せず単純に国民年金支給額と生活保護費を比べて「生活保護の方が得だ!」と考えるモラルハザードまでもが起きています。
もはや運用側(GPIF)にしろ、国民年金(保険料を支払う人)にしろ、日本人の金融リテラシーの低さは先進国No1だと言っても良いのではないでしょうか?

本来は「お金の教育」をやる為の立場的に中立的なNPO法人を設立して、義務教育の中で正しい知識を教えていかないと、GPIFと言い、国民年金加入者と言い、「負のスパイラル」から抜け出す事はできないでしょう。
この国の年金システムを壊さずに金融リテラシーを向上させるだけでも、現在の年金システムが息を吹き返す筈です。
タカちゃん URL 2009/04/08 16:58 Edit

すべてが無理

とは思いませんね。

上から五つと一番下の項目は現状ではなかなか実現が難しそうですが、それ以外は別に日本で革命が起きなくても変えようとすれば可能だと思います。
たとえば
○ 上場企業には会社法で認められた範囲以上に厳格なルールを適用
○ 経済犯の罰金を不正利益の10倍ルールに
の二つについては、金融商品取引法や刑法を変えればすぐにでも実現可能です。
資本主義においては公正でルールに則り正々堂々と競争することが前提とされるにも関わらず、インサイダーや粉飾といった不正な手段でルールを破る投資家や企業が後を絶たないことに対する一つの提言だと思いますし、考慮に値すると思います。

はじめから不可能だと断じるのは簡単ですが、現状を打開するための方策を提言するのは難しいことです。
ぐっち URL 2009/04/08 19:53 Edit

コメントありがとうございます

>乙川乙彦さん

「日本に革命でも起こるか、今の「日本」が倒産するかして、まったく新たな国作りが行えるような状況ならば、可能性がないわけでもありませんが、そういう場合でも、きわめて困難でしょう。 」

この日本国民による革命はそうそう起こるような可能性は皆無ですが政権交代の可能性ならありえますね?最近、民主がヘマをしていますが・・・。
それでも

「いざ、そうなったら、誰でも、自分を守ることに精一杯になってしまいますし、……。」

・・・のリスクはありますし(汗)
7~9個目は個人的には難しくはないかな?と感じています
橋本政権からの小さな政府作りのほうがやってきた内容としては大きな変換だったのでしょうし仕組みを変えて効率的になる制度なら世論的にも賛成されるんじゃないかな~っと


>タカちゃん

「これなんか、本当にやったらお年寄りが怒りますね。」
確実に怒ります(笑)ただこの年金制度はどこかで大きな転機は必ず来ると思います
そもそも特別便で確認をさせる等と国民が国の取り組みを信用していない事態ですし無駄な使われ方がバレていますから

適格退職年金が2012年に廃止されるのを機会に確定拠出年金制度の種類やサービスがものすごい充実されるのを期待しています

教育の中で金融リテラシーの向上をさせるのは賛成ですが授業のコマ数が少なすぎの現状がありますので週休2日の全撤廃か夏休みは盆休みのみに削減など教育改革が必須でしょうね?
夏休みが長いのは教室に空調設備のなかった時代の話ですから現在は授業中に暑さで倒れることもほとんどないでしょう


>ぐっちさん

「上から五つと一番下の項目は現状ではなかなか実現が難しそう」

同じことを思っていました♪
経済犯の罰金を不正利益の10倍ルールっていうのは文中によると経済犯の検挙率は10%程度だから現在の制度では悪いことをする方がリスクとリターンの関係だと得をしてしまう

・・・だから10倍の罰金にすれば現在の検挙率でもペイできるし悪いことの抑止力効果があるんだ!って主張です
これはチョット仕組みを変えるだけの簡単な作業だと思えるので明日からでも実行して欲しいくらいです
オレオレ詐欺も減らせると思いますしね?
とよぴ~ URL 2009/04/11 06:15

コメントを書く

非公開コメント ( )

トラックバック 0