7月に上場規則改正され国内の運用会社にとって海外指数のいわゆる「海外ETF」が組成しやすくなるようです

東証、来月めど上場規則改正 海外ETF 【イザ!】
ETF(上場投資信託)市場が今夏から様変わりする。これまでETFを組成する場合、機関投資家などが拠出する金融商品は株や商品など「現物」しか認められなかったが、「現金」での拠出も認められる。
国内の金融機関でも、海外の株価指数などに連動する「海外ETF」を比較的簡単に組成できるようになり、東証や金融機関も伸び悩むETF市場の底上げにつながると期待している。


記事は続きますが「現物」しか認められなかった現行の制度が「現金」での拠出も認められるようになったみたい

今までは (記事の引用)

  • 機関投資家などから運用会社が株式など「現物」で拠出を受ける
  • その代わりに、ETF証券を発行する
  • 日本の運用会社が海外ETFを組成しようとしても、海外市場から株式など「現物」を調達する
  • 結果、日本の信託銀行に管理を委託しなければならず、事務的な手間やコストがネック

来月の上場規則改正からは (記事の引用)

運用会社は「現物」を媒介する煩わしさから解放され、例えば米国の代表的な株価指数の1つである「S&P500種」に連動するETFを組成する場合でも、「現金」資産を集めさえすればいいため、海外ETFが組成しやすくなる。


どんな感じになるんでしょうか?ベビーファンドみたいなイメージですか?

ファミリーファンドにおけるベビーファンドは実質的に株式や債券などでは運用しません。おもに分配金や為替ヘッジ、現金の管理などを行ないます。
※ふくろう教授の投資信託ゼミナールより引用

まぁ7月の上場規則改正を楽しみにします。選挙はこの上場規則改正後によろしくお願いしますぺこり



ブロガーさんでも意見はさまざま

それってホンマ? 【rennyの備忘録さん】
国内での海外指数ETFより海外ETFの充実(特定口座対応や分配金再投資など)のスタンス

東証が7月にETF上場基準を改正し、海外ETF組成が容易に 【ホンネの資産運用セミナーさん】
ニュース記事では投資家のニーズが最後に書いてあるがそこの温度差にツッコミ

海外ETFが身近になるかも 【かえるの気長な生活日記。さん】
コメント欄では結局、現物の裏付けのないETNなのかETFなのか・・・と

関連記事

スポンサーリンク


関連コンテンツ

コメント 2

年金加入記録の確認も忘れずに

いよいよ僕らが待っていたタイプのETFが登場するかも知れなくなりそうです。
いきなりVTは無理でも機関投資家が海外株式のベンチマークの対象としているMSCI-KOKUSAI連動型ETFが上場するともはや機関投資家の運用レベルを超える運用が個人でも出来ます。
それができる環境を今回の法整備によって実現できれば、年金の運用で四苦八苦しているGPIFなどの機関投資家はもはや敵では無くなります。
今日のNHKのクローズアップ現代では「どこまで救済消えた年金」なんてやっていましたが、年金加入記録の確認は自分でやって「おかしい?」と思ったら給与明細書を持って社会保険事務所へGO SPEED RACER GO!して、自分の年金を守りながら、ETFでGPIFを打ち負かす運用が出来れば100点満点と言っても良いのではないかなと思います。
タカちゃん URL 2009/06/24 21:12 Edit

コメントありがとうございます

ホントいよいよですね?

1年前にお祭り騒ぎしていたETFがようやく前進しそうです

どんな感じになるのかよくわかりませんが今年の夏は熱そうですね!
とよぴ~ URL 2009/06/26 05:03

コメントを書く

非公開コメント ( )

トラックバック 0