ダウ・ジョーンズ工業株30種平均を対象指標としたETFが登場します。シンプレックス・アセット・マネジメント社で国内メーカーは先を越された格好ですね?

ダウ・ジョーンズ工業株30種平均を対象指標としたETF の新規設定について

シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(代表取締役社長:水嶋浩雅、以下「シンプレクスAM」)は、日本で初めて米国の株価指数を連動対象とする上場投資信託(ETF)を新規設定することといたしました。
米国の代表的な株価指数である「ダウ・ジョーンズ工業株30 種平均」を対象指標とする『Simple-X NY ダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信』を、12 月7 日(月)に新規設定し、東京証券取引所への上場を12 月10 日(木)に予定しております。
※ Simple-X NY ダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信は、Dow Jones Industrial Average℠(ダウ・ジョーンズ工業株30 種平均)を対象指標とします。

当初設定時における指定参加者はシティグループ証券株式会社および日興コーディアル証券株式会社が予定されております。
今回のETF の設定・上場により、シンプレクスAM が運用するETF は、合計2本となります。シンプレクスAM は今後も投資家の皆様の利便に資するため、ETF の運用に努めてまいります。
※「Simple-X」は、シンプレクスAM が運用するETF シリーズの統一ブランドです。


ファンド名Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信 (公募投資信託)
決算日年1 回、12 月6 日
取引所における売買単位10 口単位
信託報酬信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、ファンドの純資産総額に、年0.1575%(税抜年0.15%)以内の率を乗じて得た額が、お客様の保有期間に応じてかかります。
配分:<委託者>年0.105%(税抜0.10%)以内 <受託者>年0.0525%(税抜0.05%)以内
投資対象とする投資信託証券の信託報酬は、純資産総額に対し年0.45%程度(国内における消費税等相当額はかかりません。)
実質的に負担する信託報酬率は、年0.6075%(税抜年0.60%)程度

コストが高い・・・ 中央三井ダウ・ジョーンズ インデックスファンドが年率0.7245%(税抜0.69%)だからETFと投資信託の差があまりないし・・・。
「eMAXIS」(イーマクシス)シリーズの海外モノは0.63%なのでダウより分散されたMSCIコクサイ連動のほうが良い・・・と

国内ETFで先進国株式が登場したって意味では意義があります

スポンサーリンク