前回の記事第2回インデックス投資ナイトに行ってきた@ただのお台場日記の続きです
一番大事なネタは一番最後に書きましたので最後まで読んでね?
第2回インデックス投資ナイト 012

今回も前回の席と同じテーブルに座りました。今回は周りにブロガーさんはいなかったけれど前回と違って自分のブログを知っているひとがいて嬉しかったです
そんななか投信で手堅くlay-up!のじゅん@さんがテーブルに!梅屋敷の飲み会以来の再会です♪
入場時間から開演時間まで長かったのでこれを機会に新年のあいさつ周り♪
バンガードの加藤さんにはいつもの(?)挨拶から「重複上場しませんか?」「もう無理ですから(笑)」

前回と比較した雑感は女性層が多い!10~20%くらいは女性なんじゃないでしょうか?ビックリ!

そんなこんなで始まり始まり
第2回インデックス投資ナイト 013

※ここから先は簡単なメモと脳内のいい加減な記憶だけで書いていますのでご容赦を

まずは出演者のあいさつから

カン・チュンドさん
「新しい人が多いですね?今回がはじめての人いますか?(初めての人は挙手)」

山崎元さん
「新しい人の数だけ退場者もいるでしょ?去年は」・・・会場爆笑

あいさつも終わりテーマは「アセットアロケーション」
30歳代夫婦をモデルにしたアセアロを披露・・・ですが皆がマニアックな意見を乱発
今回のイベントではTwitterと連動したライブ感が売りでしたがそのTwitterから「むずかしい」とライブ中に指摘
たしかに前回より内容が高度だったかもしれませんしアセアロは答えのない禅問答
個性はあっても誰が正しいのか誰もわからないテーマがアセアロでしょう?

山崎元さん
100%株式 人的資本がバッファー
為替ヘッジできれば国内株式は20%まで落とせる
これだけ外国株式を買うと債券にまで為替リスクは不要
国内債券=外債リターン

竹川美奈子さん
アセアロより自分のバランスシート、キャッシュフローを作る
目標設定額を作ることが肝心

カン・チュンドさん
新興国の成長を先取りする(新興国の比率高め)
ストックとフローが兼用(MMF比率大)←でも生活資金は別

小松原宰明さん
イボットソンのデータを用い最適化のサンプルを数種
株式大半+国内外REIT少々の全力リスク試算

内藤忍さん
株:債券=50:50
為替リスクについては円安リスクを考えて多めに持つ
唯一内藤さんはコモディティ投資も入れる

田村正之さん
客観的に見て竹川さんに似たオーソドックスな試算配分の印象
他のひとの解説が長くて少々時間も押し気味に(汗)

ここからQ&A
外国債券については?
コモディティーについては? 山崎さんは投機とバッサリ否定的
REITについては?
リレー投資については? 竹川さん投信つみたてリレー不要派 
株式は「VT」1本じゃだめ? ほぼ全員OK 山崎さんTOPIXで薄めるのもアリ
これらの詳しい回答は他のブロガーさんに任せます

続いて休憩を挟み投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009の発表!
運営委員長のrennyさんの挨拶の後10位から発表・・・ひふみ投信がランクインしたときに会場がどよめいたのは・・・。

さて上位は順当なファンドが選ばれていったけれど第2位のeMAXIS受賞で三菱UFJ投信の商品企画部長である代田さんが壇上にあがってコメントしたときから頭はぶっ飛びました

ここで突撃しなきゃお台場に来た意味ない!

・・・てことでこの後の本や会社のプレゼン、本のプレゼントのじゃんけん大会の頃はあんまり記憶がありません。すんません。

イベントも終わりイザ!代田さんのところへ!

とよぴ~
「はじめましてカウンターゲームってブログを書いているとよぴ~と言います」(名刺渡す)

代田さん
「はじめまして」(名刺もらう)

とよぴ~
「突然ですがひとつだけ質問させてください。eMAXISなんですがJ-REITって配当込みがベンチマークですよね?
それで株式については配当込みとは書かれていません
もしかしてSTAMと同じでベンチマークは配当抜きだけど実際は配当込みを目指していませんか?」

代田さん
「そうなんです。おおっぴらには会社側からは言えないのですがそれが正しいです
STAMさんは年2回決算ですがウチが年1回なのは少しでも分配の額(回数も)少なくしたかったからなんです」

とよぴ~
「おぉぉ・・・!やっぱり!」

代田さん
「(STAMもそうですが)あんまり無配が続くと国税のほうがうるさくなるリスクも・・・でも最近の相場ではそんな心配もいりませんが」

とよぴ~
「例えば基準価額が18,000円とかになったら口数分割とかお考えですか?」

代田さん
「面白いアイデアですね?考えた事もなかった!まだ考えていないので未定です」

こんな感じの楽しい1夜でした♪eMAXISの仮説が1ヶ月も経たないうちに解決できたのが最大の収穫?
どっちの投信ショー「STAM vs eMAXIS」 その3を参照

これが最大の収穫って・・・マルキールの時もそうだけど本題からいつもずれているブログな感じがしてきたうーん

スポンサーリンク