マネックス証券では買えないのですが好きなファンド「世界経済インデックスファンド」のアセットアロケーションが変更されます

住信AM「世界経済インデックスファンド」、先進国比率を5%引き下げ新興国に ロイター

住信アセットマネジメントは、「世界経済インデックスファンド」62006916JP.LP の基本資産組入比率について、先進国(除く日本)のウエートを5%引き下げ、そのウエートを新興国に振り向けた。新興国では株式と債券のウエートをそれぞれ2.5%ずつ引き上げた。

変更後の基本資産組入比率(%)は、株式50(国内5、先進国30、新興国15)、債券50(国内5、先進国30、新興国15)──となっている。

同ファンドは、世界経済全体の発展を享受すべく、先進国・新興国・日本の投資比率(基本資産組入比率)を、地域別の国内総生産(GDP)総額の比率を参考に決定。原則年1回見直しの検討を行っている。

住信アセットによると、今回の変更はIMF(国際通貨基金)の直近データに基づいたもので、IMFの09年実績予測ベースでは、世界のGDP構成比は先進国は60.4%、新興国30.7%、日本8.8%となっている。

「世界経済インデックスファンド」の設定は09年1月16日。基準価額は12日時点で1万2463円。


どんな感じなのか円グラフにしてみました

変更前
世界経済インデックスファンド変更前

変更後 あんまり違いがわからないって?(汗)
世界経済インデックスファンド変更後

おまけにIMFの09年度実績予測ベースも掲載
imfの09年度実績予測ベース

ばら売りで各資産が1,000円から買える時代になりましたがこの「世界経済インデックスファンド」や「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に長期的(20~40年)に勝てる投資家ってほとんどいないんじゃないかな?って気がします

配分的には前回よりも自分好みになってきました
タイミングを計るようなファンドではないのですが新興国から資金が流出なんて記事も見るようになった最近の資産配分変更は結果的には打ってつけのタイミングなのかも知れません

新興国から資金流出。さてどうする 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさん

・・・ね?

スポンサーリンク