Googleが社内に眠っているフリーキャッシュを利用して債券による運用を計画しているようです

グーグル、債券トレーダーを募集 潤沢な資金を投資運用へ、将来的に金融業へ進出も MONEYzine
記事内の要点
  • 米グーグルが社内に眠っている膨大な資産を効率的に運用するため、新しく外国債券トレーダー職を募集している
  • 無借金経営で営業利益率は35%以上と、財務的にも超が付くほどの優良会社
  • 投資家から集めた資金や、事業で得た売上は研究開発などに投入してきた。
    しかしそれでも使い切れず、現金に換金可能な資産は、1兆3000億円にまで膨れ上がっている
  • 今回の募集は、社内に眠っている潤沢な資産を効率的に運用していくためのもの

Googleは本業以外の道に進んで成功するのかどうかは誰にもわかりませんが運用先を見てみると債券部門
そして募集要項には

外国債、米国債や住宅ローン債券などを組み合わせて運用できるトレーダーを求めており、「5年以上の実務経験」や「企業投資と会計に精通していること」、さらには「ユーモアのセンスがあること」が応募資格となっている。


ユーモアのセンスはなかなか大切なものかもしれませんね?
創業して物凄い勢いで成長したGoogleの現金の運用を他からやってきたトレーダーが任されるのだから人間的にも信頼のおける人物がいいでしょうし。
株式投資のような値動きの激しい部門に進出しない(債券のみ!?)も好印象だし他人から受取った投資資金ではなく自社の金庫の現金なので運用期限やベンチマークに囚われるリスクもないような感じがします

トレーダーにとって天国のような求人じゃないでしょうか?
ただ最後に繰り返し書くとGoogleが本業以外の道に進んで成功するのかどうかは誰にもわかりません

今回のグーグル債券事業については他のブロガーさんも注目しています

グーグルが債券トレーダーを募集~急成長を遂げたネット企業の果てが債券投資とは残念
ホンネの資産運用セミナーさん

金余りグーグルの悩み?
投資十八番さん

関連記事


スポンサーリンク