ちょっとショッキングな記事「老後難民」とタイトルにありますがまさにそんな感じ

サラリーマンの退職準備不足が露呈、「老後難民予備軍」増加の兆し ロイター

ポイントをかいつまんで
※コメントはアンケート調査をしたフィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史所長

  • 退職後の生活が現在の生活より「悪くなると思う」人の割合は半数を超えたほか、全体の約7割が「自分の退職後の生活は、今の高齢者の生活よりも悪化する」と認識している

    「今回の調査で、退職後の生活に不安を持ちながら、将来に向けた準備ができない『老後難民予備軍』の存在が浮かび上がった」

  • 公的年金の給付額を知っている人のうち「公的年金だけでは不足する」と回答した人は9割に届く勢いで、「退職後の生活資金(公的年金以外)の必要額」は全体平均で約3000万円となったが、「そのために準備している金額」は同約500万円にとどまった。また退職後の生活資金(公的年金以外)の準備額が「ゼロ円」と回答した人の割合が全体の4割を超えた。

    「全体の4割超が公的年金以外で退職後の生活資金準備額がゼロ円という結果は、まさに危機的な状況だ」

金融リテラシーの問題だけではなく現状の生活でいっぱいいっぱいのサラリーマンだって多いと思います
大切なのは給与を貰った段階で貯蓄に回せるおカネは別にしてしまう仕組み作りでしょう?
生活をしてみて余ったお金を貯蓄に回す世間一般的な発想だとなかなかうまくいかないのではないでしょうか・・・。

退職準備状況では、企業型確定拠出年金制度(DC制度)加入者の方が、同制度の非加入者より退職後の生活資金準備が進んでいることが分かった。
DC加入者の平均準備額が783万円であるのに対し、非加入者の準備額は469万円となった。


ほらね?

もっと詳しく・・・はこちらが読みやすくおすすめです

たりないお金―20代、30代のための人生設計入門
竹川 美奈子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 87863
おすすめ度の平均: 4.5
5 「なんとなく将来が不安」な若い人へ
4 このままじゃ たりなくなるので 投資だよ
5 足りないお金を真面目に考えよう
4 65歳で曇り空
4 とても読みやすく理解しやすいです

関連記事

スポンサーリンク