カブドットコム証券と三菱UFJ投信は同系列だからこそできたサービスです

内容はどれも同じ
カブドットコム証<8703.T>、18日から一部ETFの売買手数料を無料化 ロイター
カブドットコム証券が「MAXIS」シリーズのETF3本の売買手数料を無料に モーニングスター
カブドットコム証、ETF3銘柄の手数料無料化 時事通信

フリーETF専用ホームページはこちら カブドットコム証券
フリーETF対象銘柄は「MAXIS」ETFの3種類
ファンド名コード取引所投信会社売買単位手数料
MAXIS トピックス・コア30上場投信1344東証三菱UFJ投信10株無料
TOPIX Core 30に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS 日経225上場投信1346大証三菱UFJ投信1株無料
日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目的とするETF
MAXIS トピックス上場投信1348東証三菱UFJ投信10株無料
東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目的とするETF

今までTOPIXといえば野村の1306が圧倒的なシェアを誇っていましたがこういうサービスで違いを見せていくのは大歓迎です
運用会社と販売会社が同系列ならば販売が他社の商品に流れるよりは無料でも自社の製品をもらってくれるほうが良いに決まっています
なぜならばETFって商品は買って終わりではなく買ってからが始まりの商品だからです
ここから先は「MAXIS」ETFが多様化すればカブドットコム証券に資金移動するケースが増えていくでしょう
こういう視点を持ってみるとETFの可能性ってまだまだ拡がりを見せていくのかもしれません

例えばマネックス証券が日興アセットマネジメントのETFに限り無料にするのも面白い
大切なのは差別化!同じようなETFがあるなかでこういう観点からETFを選別するのが新しいETF市場なのかもしれませんね?

ちなみに最近のカブドットコム証券って地味に思えて(失礼!)じつは派手な活動をしています
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/11/049/index.html


http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/15/009/index.html


今後のカブドットコム証券は注目!?

関連記事

スポンサーリンク