米上院は15日、1930年代以来の抜本的改革となる金融規制改革法案を賛成多数で可決しました

金融規制改革法可決 逆風の中の金字塔
無法のウォール街 オバマは勝ったのか ※どちらも産経新聞より
金融規制改革法はサブプライム問題やリーマンショックなどで苦しんだ米国人が「金融が悪いのだから金融の身勝手さを規制しろ~っ!」と言ったのか言わなかったのか知らんけれどある程度、銀行には昔ながらのビジネスモデルに戻ってもらいましょう・・・と言う法案です

これで金融業は地味株に戻れるでしょうか・・・ねぇ?
金融・・・ウォール街にはエリートが集まりました
そういう連中が今度はハイテク企業などモノ作りに才能を発揮できればアメリカの空洞化もなくなるのかもしれません
楽して儲けようってことを何十年もやってきたツケが今回の大暴落ならば今回のボルカールールなどは来るべくして来たってことです

考えてみるとアメリカはモノ作りを賃金の比較的低い国に回して自国ではカネ転がしで儲ける方法になってから狂いだした感じがします
ならば今回の法案で米国人のエリート集団が一斉にセクター大移動を起こせば非常に面白い結果になるかも?

銀行業は内需関連株だったり景気循環株だったりハイテク株だったりと時代時代に応じて代わってきましたがハイテクからディフェンシブに大きく大転換するのは銀行にとって「短期的に↓長期的に↑」になるのでしょうか?

サッカーではディフェンダーが試合の終盤で得点を狙いに前線まで上がることがありますがそれは一時的なパワープレーですし普段から試合中そんなに上がっていたら試合は崩壊してしまいます
シティーやバンカメなどの今後が注目です

関連記事

スポンサーリンク