本・テレビ・ラジオ等のメモのカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

  • ホーム
  • »
  • 本・テレビ・ラジオ等のメモ

カテゴリ:本・テレビ・ラジオ等のメモ

税収の推移でわかる税金の性格

かえるの気長な生活日記。でおなじみのかえるさんの著書あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルールの「私たちが払っている税金」に登場する税金の推移のグラフが興味深かったので考察

税金の推移

» 記事の続きを読む

投信コストの平均値推移が酷い

最近はインデックスファンドやETFを雑誌などでも紹介されるようになりコストの重要度が高まっています
それではアクティブファンドを含めた全ファンドでは投信コストがどのように推移してきたのでしょうか?
ひふみ投信のファンドマネージャーである藤野さん著の「日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。 22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法」ではデータが掲載されていたのでそれをグラフ化してみます

投信コストの平均値推移

» 記事の続きを読む

401kは給付時非課税の間違いと解説

日本の401kは世界一優遇されているではコメント欄やtwitterからの指摘により「公的年金控除額が適用されて給付時は課税されることもある」と学ばせて頂きました
この場を借りて訂正と感謝です♪

では具体的にどれくらいの金額を給付すると確定申告しなければいけないのか解説です

» 記事の続きを読む

日本の401kは世界一優遇されている

確定拠出年金(401k)のメリットは運用時は非課税かつ全額税控除の対象となっています
具体的に非課税になる税金は運用にかかる税金(配当課税・利子課税・譲渡益課税)
じつはこれは確定拠出年金(401k)では常識だと思っていましたが世界的に見て例がないほど優遇された甘い課税のようです

個人の自助努力を支援する 私的年金=日本版IRA創設のススメより参照

» 記事の続きを読む

羽生善治「リスクを少しずつとる」

羽生名人と岡田監督の対談本『勝負哲学』でリスクについて羽生名人が語っているところが印象的だったのでメモ


勝負哲学
勝負哲学
posted with amazlet at 12.05.17
岡田武史 羽生善治
サンマーク出版
売り上げランキング: 31821

» 記事の続きを読む

無分配ファンドで究極の資産運用サービス

投信フォーカス 毎月分配型ファンドを取り巻く状況を整理 - QUICK MoneyLifeの雑感

毎月分配型ファンドを取り巻く状況整理では重要な事が書いてありますがこれらは結局無分配ファンドを積み立てて定年後に毎月定額の取り崩しぜばOK
その方が自分好みの金額を自分好みたタイミングで引き出すことが可能です

» 記事の続きを読む

弁当の節約はお金だけじゃない

Yahoo!ファイナンスのマネーガイドで毎日楽しみながら節約する方法なるものを発見
どんな内容なのか興味深く見てみるとランチは弁当にしましょうとのこと
よくある当たり前な話ですが紹介と自分の弁当の考え方

» 記事の続きを読む

「へそくり」するならお小遣い制はダメ

嫁 「朝の番組で面白いのあったけどへそくりで200万円貯めたけどあるもので半分失ったものはな~んだ?」

とよぴ~ 「ご褒美に贅沢した?ブランドとか旅行とか?・・・。」

嫁 「残念!正解は株や投資信託でした。設楽の番組でやってたよ。金を売って儲けた人とかやってたよ」




面白そうだから調べてみたらフジテレビのノンストップ!NONSTOP!って番組
内容はアップされていなかったけれど個人ブログで発見

夫へそくり平均112万!!嫁には使いたくない
主婦のへそくり事情、妻たちの平均は170万!? ←続き

» 記事の続きを読む

午堂さんの反撃記事きました

1年で70万円を3億円の資産にした午堂さんの記事「インデックス投資だけでは勝てない」と私は断言するのインデックス投資家の反響が素晴らしかったようで新着記事に続編が登場しています

批判を受け入れてこそ投資家は進化する [ニューリッチへの道] All About

» 記事の続きを読む

10年前から5年前に投資をしていたら・・・

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?でおなじみ藤沢数希さんのコラム「5年前に100万円投資していたら・・・」はデータが結論に都合よい期間を使われていて話題となっています

こちらは吊られた男さんの傑作記事
都合がよい期間を選んだデータに騙されるな - 吊られた男の投資ブログ

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます