人気記事ランキングのカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:人気記事ランキング

2017年の人気記事ランキング ロングヒット記事がランクインする中で注目ファンドがトップに!

集計 ビジネス まとめ

2017年1月1日から12月31日までの年間人気記事ランキングです。
これで今年のブログ更新は終了!2017年もお世話になりましたm(_ _)m

記事タイトルにあるように、毎年恒例のロングヒット記事(ほとんど投資と関係ない)がランクインする中で、2017年に設定された大注目の投資信託がトップにランクインしています。

過去の人気記事ランキング(年間)2013年の人気記事ランキング 富士経済調べの件って。。。
2014年の人気記事ランキング 検索に残るような記事が多い感じでした
2015年の人気記事ランキング 長期的にアクセスされる記事作りは難しい
2016年の人気記事ランキング 長期になるほど新着より検索流入が強い傾向

» 記事の続きを読む

2017年12月 人気記事ランキング 非課税期間終了後の自動移管先にアクセスが集中

疑問 吹き出し 探す

2018年1月 人気記事ランキングをアップデートしました

2017年12月は21本の記事を投稿しました。

今月も来年(明日)からいよいよ開始される「つみたてNISA」に向けて、多くの魅力的な投資信託が登場した記事に注目が集まりましたが、その中でもアクセスランキングで1位となったのは以外にも、「小ネタ」としてサラッと書いたあの記事でした。

最初は自分だけが理解不足なままだと感じていました。
でもアクセス数を見ると、案外知られていなかったのかもしれません。

自分は非課税期間の無期限化に気持ちが向かいすぎていたのかもしれません。非課税期間の終了後の自動移管先という現状の現実もキチンと考えないといけないですね(;・∀・)

ちなみに、現状ではNISAの非課税期間の終了後(ロールオーバーの場合)は確定申告が必要な一般口座に向かいますが、改善されて誰もが親しみのある特定口座への決着となりそうです。

ほったらかし投資でロールオーバーでも、特定口座へ自動移管なら楽チンですね。

仮に最新の超低コスト投資信託ではないもので運用していたら、非課税期間最終年度のうちに手動で売却→特定口座で超低コスト投資信託に乗り換えて再投資をすればいいのかなと考えています。

» 記事の続きを読む

2017年11月 人気記事ランキング 「EXE-iつみたてシリーズ」「楽天・バンガード・ファンド」「eMaxis Slim」注目ファンドが目白押し

EXE-i エグゼアイ


2017年11月は20本の記事を投稿しました。

「EXE-iつみたてシリーズ」が登場して、「楽天・バンガード・ファンド」と真っ向から対決するような図式になってきました。

「EXE-iつみたてシリーズ」の他にも、「eMaxis Slim 新興国株式インデックス」が0.339%→0.190%と信託報酬を大幅に引き下げたことも大きな話題となっています。

ネット証券では販売されていませんが、ニッセイ・インデックスパッケージのような個性的なバランスファンドの潜在的需要があるのでしょうか?一定のアクセス数がありました。

検索キーワードを見ると、ホットポカリの検索が増えてきているようです。
もう師走に突入…冬ですねぇ。。。風邪を引かないように年末を乗り切りましょう♪

» 記事の続きを読む

2017年10月 人気記事ランキング つみたてNISAへの熱は高まるばかり

ふき出し 子犬 モヤモヤ 考える

2017年10月は21本の記事を投稿しました。

2017年9月に引き続き楽天VTへの注目が高いのですが、よく見るとトップ10すべての記事が「つみたてNISA」関連の記事となりました!

来年からいよいよはじまる新制度への注目と、つみたてNISAの金融庁基準に対応したファンド自体が既存の運用コストと比べて魅力的ということもあり、多くのアクセスをいただいています。

» 記事の続きを読む

2017年9月 人気記事ランキング 楽天VTに期待が集中!投信史に残るヒット商品の誕生

楽天投信投資顧問

2017年10月 人気記事ランキングをアップデートしました

2017年9月は21本の記事を投稿しました。

つみたてNISAに向けて低コストなインデックスファンドが登場してきましたが、何と言っても「楽天・バンガード・ファンド」のアクセス数が圧倒的でした!

VTに投資するだけのインデックスファンド、通称「楽天VT」←皆が勝手に命名している
この「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は設定されて間もない(SBI証券は10月20日)のですが、今年最大のヒット投信に感じますし、今後何十年と息の長いロングヒットになるポテンシャルを秘めています。

検索キーワードを見ると、虫とりアニキで当ブログに訪れた人がいるようです。怖い(;・∀・)
2017年9月も楽天証券のポイントで投資信託が購入できることに感心が高いようです。

» 記事の続きを読む

2017年8月 人気記事ランキング つみたてNISAに向けて低コストファンド情報が多い夏でした

クリック マウス キーボード 手

2017年8月は18本の記事を投稿しました。

「iFree S&P500 インデックス」や「Smart-iシリーズ」「三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンド」など、つみたてNISAに向けて低コストなインデックスファンドの新規設定や、ファンド名称と信託報酬の引き下げを実行した投資信託が注目されました。

当ブログではじめて現時点のポートフォリオの公開をしたのですが、思った以上にアクセスがあることを知ったので定期的に書いていこうかと思います。

ただ、この場合…自分のポートフォリオはほとんどバランスファンドで形成されているので、ほとんど変化が起こらない退屈なシリーズになるかも知れませんm(_ _)m

検索キーワードを見ると、楽天証券のポイントで投資信託が購入できることに感心が高いようです。
室外機の日除け検索も減少するのを見ると秋を感じますヽ(´ー`)ノ

» 記事の続きを読む

2017年7月 人気記事ランキング インデックス投資ナイト2017参加や注目の低コストファンドが登場

インデックス投資ナイト2017

2017年8月 人気記事ランキングをアップデートしました

2017年7月は16本の記事を投稿しました。

夏になり暑くなるに連れて、エアコンを強化する記事にアクセスされるようになります。
投資ネタではありませんが、季節モノとして誰かが読んでくれるのは嬉しいものです。

7月は個人的には「インデックス投資ナイト2017」に参加したことが最大の思い出です。
改めて、仕事の都合でチケットを譲ってくれた夢見父さんには感謝!感謝!ですm(_ _)m

「インデックス投資ナイト2017」に関連してGPIFネタも記事数が多かったこともあり、アクセスされる結果となりました。

「たわらノーロード バランス(8資産均等型)」や「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」など注目の低コストファンドが登場したのも2017年7月の印象的なトピックです。

» 記事の続きを読む

2017年6月 人気記事ランキング 米国集中or国際分散が話題になりました

ふき出し 子犬 モヤモヤ 考える

2017年5月は17本の記事を投稿しました。

3月からeMAXIS Slimシリーズのアクセスが目立っています。
米国集中投資と国際分散投資についての記事を各ブロガーが書いていたのも、今月の大きな特徴だったような気がします。

 参考  (インデックス投資の疑問) 株式はアメリカのみに投資をすればいいと思いますか? | フクリの海外ETF長期投資ブログ

子どもが通っている小学校にやってきた転校生の話にアクセスが多かったのは予想外(;・∀・)

仕事に持参していく弁当の話は、ツイッターで参考になったとの意見も多数いただいたので、個人的な話でしたが書いて良かったかなと。

» 記事の続きを読む

2017年5月 人気記事ランキング ポイントで投信を購入できるサービスが話題になりました

グッドポーズ 喜び 感謝

2017年5月は16本の記事を投稿しました。

3・4月に引き続きeMAXIS Slimシリーズが話題となりました。
4月はeMAXIS Slimシリーズのバランスファンド「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」が発表されたことが話題になりましたが
今回は「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の投資記録にアクセスをいただきました。

他にランキングで注目するところは、楽天証券が発表した買い物で貯まる「楽天スーパーポイント」で投資信託を購入できるサービスの発表も大きな話題となりました。
関東で暑い日が続いていたので、2年前に書いた100均ショップのグッズで涼しくなる小技が再びランクインしています。

» 記事の続きを読む

2017年4月 人気記事ランキング eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の登場が話題になりました

eMAXIS Slim

2017年4月は16本の記事を投稿しました。

3月はeMAXIS Slimシリーズが話題となりましたが、4月はeMAXIS Slimシリーズのバランスファンド「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」が発表されたことが話題になりました

eMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドは4本の設定なので、8資産均等型の残りの新興国やREITについては今後リリースされていくのかが注目されます。

他にはネット証券の投資信託ランキングなど新シリーズを始めてみました。
ニーズがありそうなら定期ネタにしていこうかと考えています。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます