投資信託・ETFのカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:投資信託・ETF

  • 2018/01/10投資信託・ETF

    三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するSMTインデックスシリーズは、2008年1月9日に設定されたので運用開始から10年が経過しました。当初は住信アセットマネジメントという会社でSTAMインデックスシリーズという名称です。SMT(旧STAM)インデックスシリーズ!運用開始から10年おめでとうございます♪...

    記事を読む

  • 2017/12/28投資信託・ETF

    SBI証券から「EXE-iつみたて先進国株式ファンド」が2018年1月12日に新規設定されます。対象指数は「FTSEディベロップド・オールキャップ・インデックス(円換算)」で、投資対象ETFへの投資を通じて日本を含む先進国の株式へ実質的に投資を行います。アウターガイさんの情報で知りました。毎度です(`・ω・´)ゞ 参考  SBIAMがEXE-iシリーズにつみたてNISA向けファンド1本を追加|バリュートラスト...

    記事を読む

  • 2017/12/23投資信託・ETF

    「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」が2018年1月10日に新規設定されます。「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」は、米国で上場している海外ETFである「バンガード・米国高配当株式ETF」(VYM)を主要投資対象とする投資信託です。愛称は「楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式)」です。個人投資家間で勝手に命名するであろう「楽天VYM」でも通用することでしょう。アウターガイさんの情報で知りま...

    記事を読む

  • 2017/11/29投資信託・ETF

    りそなアセットマネジメントから「Smart-iインデックスシリーズ」が2017年8月29日から設定・運用されていましたが、いままで販売会社が存在していなかったので投資することができませんでした。ようやく。。。3ヶ月経過してようやく11月28日からSBI証券が販売会社として取扱いを開始です。販売会社の追加について|りそなアセットマネジメント(PDF)...

    記事を読む

  • 2017/11/01投資信託・ETF

    楽天・バンガード・ファンドの創設が発表されたことで、バンガードの新興国株式ETFである[VWO]に投資するファンド[楽天・新興国株式インデックス・ファンド]の登場が待たれていましたが、思ったより早く登場することになります。ちなみにEDINETによると愛称は[楽天・バンガード・ファンド(新興国株式)]とのこと。でも個人投資家の中では[楽天VWO]で通じてしまうのでどちらでも大丈夫でしょう。今回の新規設定ニュースも...

    記事を読む

  • 2017/10/20投資信託・ETF

    つみたてNISAは長期投資で付き合っていく商品なので、つみたてNISA対象商品という厳選されたファンドの中でもお気に入りのファンドを選んで運用していくことが重要です。もし自分が2018年から積立をするとして「これが良いな」と思えるファンドをいくつかピックアップしてみました。ポイントは最長で20年も投資するのだから、いままで投資家目線で運用コストを引き下げた実績があることなど色褪せることなく魅力的でるファンドであ...

    記事を読む

  • 2017/10/09投資信託・ETF

    三井住友アセットマネジメントから「三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド」が2017年10月3日から新規設定されました。SBI証券で一般販売されていますので既に購入可能です。 参考  概要/三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド - 三井住友アセットマネジメント...

    記事を読む

  • 2017/10/05投資信託・ETF

    2018年からはじまる「つみたてNISA」の対象商品が金融庁から公開されています。 参考  つみたてNISA関連|金融庁金融庁の眼鏡にかなった投資信託は、指定インデックス投資信託が91本、指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等)が14本の合計105本の投資信託でスタートします。※公開日以降「三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド」「ひふみプラス」が追加国内では6000本を超える公募...

    記事を読む

  • 2017/09/06投資信託・ETF

    りそなアセットマネジメントから「Smart-iインデックスシリーズ」が2017年8月29日から新規設定されたのですが2017年9月6日時点で販売会社がまだ見つかっていないことがわかりました。 link  りそなAMからSmart-iシリーズが登場!販路拡大すれば要注目...

    記事を読む

  • 2017/08/30投資信託・ETF

    「iFree S&P500 インデックス」明日(2017年8月31日)から新規設定されます。アウターガイさんをはじめとした投信ブロガーのEDINET情報から知りました。 参考  大和証券投資信託委託がiFreeシリーズに先進国株式(為替ヘッジあり)とS&P500指数連動型の2本を追加:バリュートラスト 参考  iFree S&P500 インデックスが信託報酬年率0.243%で登場予定:投信で手堅くlay-up!iFree公式ページからのプレスリリース...

    記事を読む

祝10年!SMT(旧STAM)インデックスシリーズが設定されて10年経ちました

ジェット風船 野球場 祝い

三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するSMTインデックスシリーズは、2008年1月9日に設定されたので運用開始から10年が経過しました。

当初は住信アセットマネジメントという会社でSTAMインデックスシリーズという名称です。

SMT(旧STAM)インデックスシリーズ!運用開始から10年おめでとうございます♪

» 記事の続きを読む

日本を含む先進国株式「EXE-iつみたて先進国株式ファンド」が0.11%という超低コストで登場!

EXE-i エグゼアイ

SBI証券から「EXE-iつみたて先進国株式ファンド」が2018年1月12日に新規設定されます。

対象指数は「FTSEディベロップド・オールキャップ・インデックス(円換算)」で、投資対象ETFへの投資を通じて日本を含む先進国の株式へ実質的に投資を行います。

アウターガイさんの情報で知りました。毎度です(`・ω・´)ゞ

 参考  SBIAMがEXE-iシリーズにつみたてNISA向けファンド1本を追加|バリュートラスト

» 記事の続きを読む

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド!4本目の楽天・バンガード・ファンドは米国高配当株式の登場

楽天・バンガード・ファンド

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」が2018年1月10日に新規設定されます。
「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」は、米国で上場している海外ETFである「バンガード・米国高配当株式ETF」(VYM)を主要投資対象とする投資信託です。

愛称は「楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式)」です。
個人投資家間で勝手に命名するであろう「楽天VYM」でも通用することでしょう。

アウターガイさんの情報で知りました。さっそくEDINETで自分もチェック!

 参考  楽天投信投資顧問がVYM(米国高配当株式)相当の超低コストインデックスファンドを新規設定|バリュートラスト

» 記事の続きを読む

Smart-iインデックスシリーズがネット証券でようやく取扱い開始!

Smart-iインデックスシリーズ

りそなアセットマネジメントから「Smart-iインデックスシリーズ」が2017年8月29日から設定・運用されていましたが、いままで販売会社が存在していなかったので投資することができませんでした。

ようやく。。。3ヶ月経過してようやく11月28日からSBI証券が販売会社として取扱いを開始です。

販売会社の追加について|りそなアセットマネジメント(PDF)

» 記事の続きを読む

VWOを買う投信「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」が11月17日に新規設定

楽天投信投資顧問

楽天・バンガード・ファンドの創設が発表されたことで、バンガードの新興国株式ETFである[VWO]に投資するファンド[楽天・新興国株式インデックス・ファンド]の登場が待たれていましたが、思ったより早く登場することになります。

ちなみにEDINETによると愛称は[楽天・バンガード・ファンド(新興国株式)]とのこと。
でも個人投資家の中では[楽天VWO]で通じてしまうのでどちらでも大丈夫でしょう。

今回の新規設定ニュースもアウターガイさんの情報で知りました。
ソースはEDINETで自分もさっそく確認したところです。

 参考  楽天投信投資顧問がVWO(新興国株式)相当の超低コストインデックスファンドを新規設定 - バリュートラスト

» 記事の続きを読む

つみたてNISAでどのファンドを買うべきか

ふき出し 子犬 モヤモヤ 考える

つみたてNISAは長期投資で付き合っていく商品なので、つみたてNISA対象商品という厳選されたファンドの中でもお気に入りのファンドを選んで運用していくことが重要です。

もし自分が2018年から積立をするとして「これが良いな」と思えるファンドをいくつかピックアップしてみました。
ポイントは最長で20年も投資するのだから、いままで投資家目線で運用コストを引き下げた実績があることなど色褪せることなく魅力的でるファンドであり続けること。

他にはない唯一無二の存在であるファンドも選んでいます。

» 記事の続きを読む

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドが新規設定されました

三井住友アセットマネジメント 500px

三井住友アセットマネジメントから「三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド」が2017年10月3日から新規設定されました。
SBI証券で一般販売されていますので既に購入可能です。

 参考  概要/三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド - 三井住友アセットマネジメント

» 記事の続きを読む

つみたてNISA対象商品リスト一覧

メモに書いたリスト


2018年からはじまる「つみたてNISA」の対象商品が金融庁から公開されています。

 参考  つみたてNISA関連|金融庁

金融庁の眼鏡にかなった投資信託は、指定インデックス投資信託が91本、指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等)が14本の合計105本の投資信託でスタートします。
※公開日以降「三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド」「ひふみプラス」が追加

国内では6000本を超える公募投信が乱立しているとも言われる状況なので、つみたてNISAの対象となった投資信託は単純に2%も存在していません。

全ての投資信託の2%もない選りすぐりの投資信託を基準に投資信託を選択すれば、ほとんどの高コストな「ぼったくり投信」を回避することができます。

» 記事の続きを読む

Smart-iインデックスシリーズの販売会社が設定後も見つかりません。。。

詐欺 残念 うそ

りそなアセットマネジメントから「Smart-iインデックスシリーズ」が2017年8月29日から新規設定されたのですが2017年9月6日時点で販売会社がまだ見つかっていないことがわかりました。

 link  りそなAMからSmart-iシリーズが登場!販路拡大すれば要注目

» 記事の続きを読む

iFree S&P500 インデックスが登場します

iFreeインデックスシリーズ 450px

「iFree S&P500 インデックス」明日(2017年8月31日)から新規設定されます。
アウターガイさんをはじめとした投信ブロガーのEDINET情報から知りました。

 参考  大和証券投資信託委託がiFreeシリーズに先進国株式(為替ヘッジあり)とS&P500指数連動型の2本を追加:バリュートラスト
 参考  iFree S&P500 インデックスが信託報酬年率0.243%で登場予定:投信で手堅くlay-up!

iFree公式ページからのプレスリリースはありません。
今夜か明日には公開されている…はずです^^;


追記(2017年8月31日)販売会社にマネックス証券が確認できました!
 参考  iFree S&P500インデックス取扱販売会社 / 大和証券投資信託委託株式会社

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます