経済・その他ニュースのカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:経済・その他ニュース

個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定!残念ながら「俺たちの美奈子」は落選しました

老夫婦 年金 散歩

個人型確定拠出年金の愛称を厚生労働省が募集していて自分も応募していたのですが個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました!

惜しくも自分が応募した「俺たちの美奈子」は落選しました(`;ω;´)

個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました |報道発表資料|厚生労働省
厚生労働省がオブザーバーとして参加している 確定拠出年金普及・推進協議会は、 個人型確定拠出年金の愛称を、「iDeCo(イデコ)」に決定しましたので、お知らせします。

» 記事の続きを読む

NISAに長期積立枠が検討されますが理想は課税期間は20年ではなく無期限化

ニュース 新聞 吉報

NISA(少額投資非課税制度)に長期積立枠の創設することを来年度の税制改正要望に盛り込むと金融庁は求めているようです。

  • 投資上限が年120万円で非課税期間は5年(現行)
  • 投資上限が60万円で非課税期間20年(今回の要望案)
  • 利用者はどちらかを選択する制度設計(併用は認めない)

NISAに長期積立枠を創設、金融庁が月末要望へ=関係筋 | ロイター

金融庁は、少額投資非課税制度(NISA)に長期積立枠を創設することを月末に公表する来年度の税制改正要望に盛り込む。関係筋が18日、明らかにした。

NISAに長期積立枠 政府、非課税20年軸に調整  :日本経済新聞

政府は利用が伸び悩んでいる少額投資非課税制度(NISA)をテコ入れする。毎月少額を積み立てたい人のために新たな枠を設ける調整に入った。

» 記事の続きを読む

個人型確定拠出年金制度の愛称募集キャンペーンに応募してみよう!

個人型確定拠出年金制度 愛称募集キャンペーン

来年から制度が拡充される個人型確定拠出年金の愛称を厚生労働省が募集しています。
既に応募は開始されていて、多くの投信ブロガーも応募しています。
さっそく自分も個人型確定拠出年金制度の愛称募集キャンペーンに応募してみました!

 参考  個人型確定拠出年金制度 愛称募集キャンペーン|厚生労働省

» 記事の続きを読む

インデックス投資家は乱高下する相場の時こそ安定のテレ東を見習おう

暴落 不景気 金融恐慌

今日は東証の取引時間中に国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まりした。

乱高下をしながらも特に日本時間の午後から急激な円高・株安が進行しましたし、ツイッターでも投資関連では英国のユーロ離脱の話題で持ち切りでした。

取引時間中に英国民投票での欧州連合(EU)離脱支持が優勢となり、市場心理が悪化。予想外の結末を嫌気したパニック売りが広がった。

 <下落率は過去9番目>

 この日の日経平均<.N225>の下げ幅は1286円33銭となり、1990年3月19日(1353円20銭)に次ぐ過去8番目の記録となった。下落率は7.92%となり、1970年4月30日(8.69%)に次ぐ過去9番目の大きさとなっている。

焦点:日本株の歴史的1日 16年ぶり乱高下、上昇銘柄は過去最少水準 - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル


さて普段は「ほったらかし投資」をメインテーマにしているのですが、今日のような急激な円高や株安はどう対処したらよいのでしょうか?

» 記事の続きを読む

個人型確定拠出年金が2017年から誰でも加入できるようになります

年金 老夫婦

改正確定拠出年金法が2016年5月24日の衆院本会議で可決、成立しました。

注目するべき最大のポイントは、今までは自営業者や企業年金に加入していない会社員に限られていた個人型確定拠出年金が、2017年1月1日からは今まで対象外だった主婦・公務員・企業年金に加入している会社員にも利用できてまさに『誰でも確定拠出年金』になりました。

個人型確定拠出年金が注目されるメリットは主に3つ「掛金は所得控除」「運用益が非課税(運用中のスイッチングも非課税)」「受け取りも非課税(注※)」
※会社からの退職金と合算されるので退職金額が大きいと控除枠を使いきって税負担になるケースはあります

 参考  確定拠出年金、主婦・公務員も対象 改正法が成立|日本経済新聞(2016/5/24)

» 記事の続きを読む

バフェット氏「世界で最も重要な投資の知恵とは手数料に注意を払え」

注意

世界一の投資家と言われるウォーレン・バフェットは、以前から個人投資家にはインデックスファンドを推奨しているのは有名な話です。

 参考  世界一の投資家バフェットもインデックスファンドを推奨(2014.02.25)

今回のバークシャー・ハサウェイの年次株主総会でも同じようなことを説明していました。

 参考  手数料に注意を-バフェット氏があらためて送る投資の助言 - Bloomberg

» 記事の続きを読む

超高速取引(HFT)を東証ETFのマーケット・メイクに積極活用できないのかな

環境 新緑と地球儀

人間には不可能な速度で売買する超高速取引(ハイ・フリークエンシー・トレーディング=HFT)が、米国や欧州だけでなく日本でも普及しています。

日本経済新聞によると、東京証券取引所では昨年、「コロケーション」と呼ぶサービスを経由した高速売買の比率が4割に達したとのこと。

 参考  人工知能、市場に参上 「熟練トレーダー」再現(2016/4/5 日本経済新聞 電子版)
 参考  米CEOに聞く超高速取引の世界 シングルヒットで収益蓄積(2016/4/5 日本経済新聞 電子版)

» 記事の続きを読む

ウイスキー投資「プラチナ・ウイスキー・インベストメント・ファンド」が香港にあるそうです(棒)

ワイン お酒

日本ではワイン投資のヴァンネットに対して行政処分から、最近では出資者説明会があり破産手続きに進むようですが、お隣の香港ではウイスキー投資「プラチナ・ウイスキー・インベストメント・ファンド」があるようで初めての配当支払いがあるとのニュースを発見しました。

 参考  17%リターン目指す希少なウイスキーファンド、初の配当に向け乾杯|Bloomberg
 参考  ヴァンネットに行政処分 投資で大事な流動性や透明性を再認識
 参考  ワインファンドのヴァンネット(VIN-NET)が出資者への説明会を実施 不正を認め破産手続きへ|インデックス投資日記@川崎

ウイスキーという実物への投資なので株式の配当や債券の金利、不動産(REIT)の家賃・テナント収入などがあるわけではありません。

初の配当支払いのヒントはBloombergの記事内にありました。

» 記事の続きを読む

マイナス金利の時代がやってきた!…で何をするべきか

英字新聞 ニュース お知らせ

しばらくパソコンが使えない状況のうちに、日銀がマイナス金利の導入を決定していました。

今回のマイナス金利の導入により、メディアは様々なことを発信していると思われますが、長期投資をしている自分にとって何か投資戦略を変更するべきところはないか考えてみました。

預金金利 最低水準に マイナス金利 影響広がる 住宅ローンも低下 MMF一部停止|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

ヴァンネットに行政処分 投資で大事な流動性や透明性を再認識

パーティー ワイン 乾杯

メリークリスマス♪クリスマスの夜にはワインがよく似合います。
しかしながら、ワインファンドを運用するヴァンネットに対して行政処分するという衝撃的なニュースが届きました。

株式会社ヴァンネットに対する行政処分について|財務省関東財務局

当社は、欧州等において将来値上がりが期待されるワインを買付け、当該ワインの売却益の一部を配当することを内容とする権利(以下「ファンド」という。)の取得勧誘を行っている。

当社から提出された報告書等によると、当社は、これまで複数のファンドの取得勧誘を行っているが、過去に償還を迎えたファンドにおいては、別のファンドの資金を流用することにより、実際の運用実績とは異なる高い運用利回りで償還金等を支払っていた。
さらに当社は、こうした状況を認識しながら、新たなファンドの取得勧誘を行っていた。



» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます