ほったらかし投資のまにまに

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


スポンサーリンク

記事一覧

2017-03-05 もの思いにふける
カン・チュンドさんとNightWalkerさんが興味深い記事を書いています。 参考  人の寿命を超える投資信託、早く見てみたいです|カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け! 参考  人の寿命を超える投資信託|NightWalker's Investment Blogなんでも米国の『ドッジ&コックス・バランスド・ファンド』という長寿バランスファンドがあり、設定が世界恐慌の真っ只中の1931年!いまは2017年ですから86歳と...

記事を読む

2017-03-04 投資信託・ETF
ネット証券大手4社と言われるSBI証券・楽天市場・マネックス証券・カブドットコム証券の2017年2月の投資信託月間をチェックしてみました。やはりカンブリア宮殿で登場した「ひふみ投信」の人気は凄まじく、上位にランクインしているのがわかります。「ひふみ投信」は直販ファンドで、ネット証券で購入できるのは「ひふみプラス」です。 参考  『カンブリア宮殿』ひふみ投信・藤野英人さんを見た感想...

記事を読む

2017-03-01 人気記事ランキング
2017年2月は15本の記事を投稿しました。その中でアクセスを集めたのが、カンブリア宮殿で登場した「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんと、日本経済新聞の情報から話題になり活発に議論されていたeMAXIS Slimシリーズの記事でした。このブログでは「ほったらかし投資」を最重要視しているので、「ひふみ投信」のような個人投資家との対話を重視する直販系アクティブファンドを取り上げることは少ない...

記事を読む

2017-02-28 経済・景気動向
今月から記事タイトル名の「インデックス」を「アセットクラス」に変更しました。「先月の騰落率」「REITアセットクラス」の2点を追加しています。 参考  経済・景気動向としてウォッチしていたFunds-iのパフォーマンスをリニューアルします先月も好調だった新興国株式は今月も引き続き堅調なパフォーマンス。全体的には±5%を超えるアセットクラスはなかったので平穏な1ヶ月になりました。 アセットクラス  先月末  ...

記事を読む

2017-02-27 経済・景気動向
毎月末もしくは月初に書いてきた「経済・景気動向」カテゴリの「各インデックスのパフォーマンス」ですが、不評だったらさっさと止めていた企画のつもりが(笑)、2013年から一定のアクセス数があり根強い人気となっています。おかげさまで自分にとっても、普段は相場をまったく気にしていない日々を送っていますが、表やグラフを作成するこの企画があるので簡単ながらもチェックできるようになりました。この経済・景気動向として...

記事を読む

2017-02-25 もの思いにふける
昨年末にS社の配達員が、繁忙期のイライラから荷物や台車を放り投げる動画が話題になりました。年明けの現在の物流は年末に比べると少ないので、むしろ「暇」な時期なのですが、お中元・お歳暮といった繁忙期になると、毎回パート募集などをして対応をしているのですが、まったく追いつかないというのが現状です。そんな宅配の現状ですが、ヤマト運輸が強気の労使交渉をしています。ヤマト運輸の労働組合が2017年の春季労使交渉で...

記事を読む

2017-02-23 投信ニュース
2000年(平成12年)5月30日から設定・運用されていたマイセレクション25・50・75の信託終了(繰上償還)のお知らせが届きました。ひっそりと長いこと売られてきたので注目されませんでしたが、SBI証券と楽天証券が取扱いを開始してきたときには、(やはり)ひっそりと投信マニアの一部が注目していたファンドです。 参考  「マイセレクション25」、「マイセレクション50」、「マイセレクション75」信託終了(繰上償還)...

記事を読む

2017-02-19 投資信託・ETF
モーニングスターの新設ファンド情報からSMT日米インデックスバランス・オープン(三井住友トラスト・アセットマネジメント)が確認されました。以前にアウターガイさんがEDINET情報から見つけていたファンドです。 参考  SMTインデックスシリーズに「日米インデックスバランス」が追加|バリュートラストファミリーファンド方式で運用。国内及び米国の株式、債券及び不動産投資信託証券(REIT)に分散投資することでリスク...

記事を読む

2017-02-17 本・テレビ・ラジオ等のメモ
以前に告知していたひふみ投信の藤野英人さんがカンブリア宮殿に登場しますを観ました。テレビでの特集なので基本的に視聴者に興味をもってもらうために過激な演出となりがちですが、ひふみ投信の保有者ではない自分にとっても「良いアクティブファンドだな」という感想でした。ひふみ投信とはどんなアクティブファンドなのか?Yahoo!ファイナンスの概要を引用します。ファミリーファンド方式で運用。主要投資対象は、国内外の上場株...

記事を読む

2017-02-15 ブログ運営その他
楽天モバイルの本日届いたメールで「3日間の通信速度制限撤廃と、高速通信容量オプション (リチャージ)メニュー改定のお知らせ」というビッグニュースが届きました!(リチャージ)メニュー改定はどうでもいい。3日間の通信速度制限撤廃について書きます。2017年3月1日から、3.1GB(540MB)/5GB(1GB)/10GB(1.7GB)プランで過去3日間のデータ使用量の合計が既定量を超えた際に設定されていた通信速度制限を撤廃することになりま...

記事を読む

運用会社は人の寿命を超える投資信託の重要性に気付いてほしい

老夫婦 年金 散歩

カン・チュンドさんとNightWalkerさんが興味深い記事を書いています。

 参考  人の寿命を超える投資信託、早く見てみたいです|カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!
 参考  人の寿命を超える投資信託|NightWalker's Investment Blog

なんでも米国の『ドッジ&コックス・バランスド・ファンド』という長寿バランスファンドがあり、設定が世界恐慌の真っ只中の1931年!

いまは2017年ですから86歳というご長寿ファンドが存在しているのですね。スゴい!

» 記事の続きを読む

関連記事

やはりテレビの影響は凄い!ネット証券の投資信託ランキング2017年2月

表彰台 メダル 競争 ランキング

ネット証券大手4社と言われるSBI証券・楽天市場・マネックス証券・カブドットコム証券の2017年2月の投資信託月間をチェックしてみました。

やはりカンブリア宮殿で登場した「ひふみ投信」の人気は凄まじく、上位にランクインしているのがわかります。
「ひふみ投信」は直販ファンドで、ネット証券で購入できるのは「ひふみプラス」です。

 参考  『カンブリア宮殿』ひふみ投信・藤野英人さんを見た感想

» 記事の続きを読む

関連記事

2017年2月 人気記事ランキング ひふみ投信のカンブリア宮殿とeMAXIS Slim登場が話題になりました

ひふみ投信 ためて、ふやして、進化する。

2017年2月は15本の記事を投稿しました。

その中でアクセスを集めたのが、カンブリア宮殿で登場した「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんと、日本経済新聞の情報から話題になり活発に議論されていたeMAXIS Slimシリーズの記事でした。

このブログでは「ほったらかし投資」を最重要視しているので、「ひふみ投信」のような個人投資家との対話を重視する直販系アクティブファンドを取り上げることは少ないのですが、日本国内の投資信託の中では頭ひとつふたつ抜けた存在であることは認めざるを得ません。

それと普段は投資信託を運用する会社がテレビで特集されることも稀ですので、そういう意味でもカンブリア宮殿は楽しく視聴させていただきました。

業界最低水準を目指し続けるインデックスファンドとしてeMAXIS Slimシリーズが発表されましたが、eMAXISで積み立ててきた投資家には既存のファンドの信託報酬が引き下げられずに、新規設定のファンドが登場したので複雑な感情を抱いた人も多数…。

それでも業界最低水準を約束されたインデックスファンドですので、今後の純資産残高がどのように伸びていくのかは注目です。

他にはランキング外も含めると時期的に確定申告の話題もアクセスされています。

» 記事の続きを読む

関連記事

各アセットクラスのパフォーマンス2017年2月

各アセットクラスのパフォーマンス2017年2月

今月から記事タイトル名の「インデックス」を「アセットクラス」に変更しました。
「先月の騰落率」「REITアセットクラス」の2点を追加しています。

 参考  経済・景気動向としてウォッチしていたFunds-iのパフォーマンスをリニューアルします

先月も好調だった新興国株式は今月も引き続き堅調なパフォーマンス。
全体的には±5%を超えるアセットクラスはなかったので平穏な1ヶ月になりました。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式19367195440.91
外国株式22573230041.91
外国株式H13783142283.23
新興国株式12557128132.04
国内債券11170112010.28
外国債券1445714374-0.57
外国債券H10903110100.98
新興国債券12072122591.55
新興国債券H12583128281.95
J-REIT2316722955-0.92
外国REIT23293241183.54
外国REIT・H13191137954.58

» 記事の続きを読む

関連記事

経済・景気動向としてウォッチしていたFunds-iのパフォーマンスをリニューアルします

シフトチェンジ 変更

毎月末もしくは月初に書いてきた「経済・景気動向」カテゴリの「各インデックスのパフォーマンス」ですが、不評だったらさっさと止めていた企画のつもりが(笑)、2013年から一定のアクセス数があり根強い人気となっています。

おかげさまで自分にとっても、普段は相場をまったく気にしていない日々を送っていますが、表やグラフを作成するこの企画があるので簡単ながらもチェックできるようになりました。

この経済・景気動向としてウォッチしていた「各インデックスのパフォーマンス」を次回からは「アセットクラスのパフォーマンス」と名称を変えて内容をリニューアルします。

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

Amazonと宅配業者とネットショッピング利用者。少しずつ歩み寄ろう。

高速道路 トラック 運転 車

昨年末にS社の配達員が、繁忙期のイライラから荷物や台車を放り投げる動画が話題になりました。

年明けの現在の物流は年末に比べると少ないので、むしろ「暇」な時期なのですが、お中元・お歳暮といった繁忙期になると、毎回パート募集などをして対応をしているのですが、まったく追いつかないというのが現状です。

そんな宅配の現状ですが、ヤマト運輸が強気の労使交渉をしています。

ヤマト運輸の労働組合が2017年の春季労使交渉で初めて宅配便の荷受量の抑制を求めたことが22日、わかった。人手不足とインターネット通販の市場拡大による物流危機で長時間労働が常態化。「現在の人員体制では限界」として、要求に盛り込み、会社側も応じる方向だ。

ヤマト、宅配総量抑制へ 人手不足受け労使で交渉|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

関連記事

マイセレクション25・50・75の信託終了(繰上償還)のお知らせ…売れないファンドは淘汰されます

バイバイ おしまい ジ・エンド 猫

2000年(平成12年)5月30日から設定・運用されていたマイセレクション25・50・75の信託終了(繰上償還)のお知らせが届きました。

ひっそりと長いこと売られてきたので注目されませんでしたが、SBI証券と楽天証券が取扱いを開始してきたときには、(やはり)ひっそりと投信マニアの一部が注目していたファンドです。

 参考  「マイセレクション25」、「マイセレクション50」、「マイセレクション75」信託終了(繰上償還)(予定)のお知らせ(PDF)|三井住友トラスト・アセットマネジメント

今回の繰上償還は一般販売されたマイセレクションの話で、iDeCo(個人型DC)で販売されているDCマイセレクション25・50・75のことではありません。

» 記事の続きを読む

関連記事

日米の高配当・債券・REITに投資する「SMT日米インデックスバランス・オープン」が登場

SMTインデックスシリーズ

モーニングスターの新設ファンド情報からSMT日米インデックスバランス・オープン(三井住友トラスト・アセットマネジメント)が確認されました。

以前にアウターガイさんがEDINET情報から見つけていたファンドです。

 参考  SMTインデックスシリーズに「日米インデックスバランス」が追加|バリュートラスト

ファミリーファンド方式で運用。国内及び米国の株式、債券及び不動産投資信託証券(REIT)に分散投資することでリスクの低減に努める。各マザーファンドの基本組入比率は、日本株配当貴族20%、米国株配当貴族20%、国内債券20%、米国国債20%、J-REIT10%、米国REIT10%とし、必要と認める場合には、一定の乖離幅の範囲内で配分比率を調整する。為替ヘッジは、原則として行わない。5、11月決算。

モーニングスター [ 新設ファンド情報 ]

» 記事の続きを読む

関連記事

『カンブリア宮殿』ひふみ投信・藤野英人さんを見た感想

ひふみ投信 ためて、ふやして、進化する。

以前に告知していたひふみ投信の藤野英人さんがカンブリア宮殿に登場しますを観ました。

テレビでの特集なので基本的に視聴者に興味をもってもらうために過激な演出となりがちですが、ひふみ投信の保有者ではない自分にとっても「良いアクティブファンドだな」という感想でした。

ひふみ投信とはどんなアクティブファンドなのか?Yahoo!ファイナンスの概要を引用します。

ファミリーファンド方式で運用。主要投資対象は、国内外の上場株式。長期的な経済循環や経済構造の変化、経済の発展段階等を総合的に勘案して選ばれた国内外の株式市場のなかで、長期的な産業のトレンドを勘案しつつ、定性・定量の両方面から徹底的な調査・分析を行い、その時点での市場価値が割安と考えられる銘柄に長期的に選別投資し、信託財産の長期的な成長を図る。9月決算。

ひふみ投信【9C31108A】概要 - Yahoo!ファイナンス

» 記事の続きを読む

関連記事

楽天モバイル3日間の通信速度制限撤廃キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

規制 撤廃 緩和

楽天モバイルの本日届いたメールで「3日間の通信速度制限撤廃と、高速通信容量オプション (リチャージ)メニュー改定のお知らせ」というビッグニュースが届きました!

(リチャージ)メニュー改定はどうでもいい。3日間の通信速度制限撤廃について書きます。

2017年3月1日から、3.1GB(540MB)/5GB(1GB)/10GB(1.7GB)プランで過去3日間のデータ使用量の合計が既定量を超えた際に設定されていた通信速度制限を撤廃することになりました。

 参考  楽天モバイル:3日間の通信速度制限撤廃のお知らせ

(カッコ内)が各プランにおける3日間の通信速度制限容量でしたが、2017年3月1日以降は全プランで制限なしとなります!

» 記事の続きを読む

関連記事

スポンサーリンク

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます