ほったらかし投資のまにまに

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

プロフィール

熊画像Author:とよぴ~(プロフィール詳細
妻と2人の子どもの賑やかな4人家族です。
証券外務員の資格を持っていますが、仕事は関係ない物流関係。
バランスファンドによるコツコツ投資という、もっとも投資から距離をおいた投資スタイルでプライベートを充実♪
しかし!記事更新が楽しく、ブログ書くためにバランスファンドにした疑惑も浮上中(;´∀`)

スポンサーリンク

記事一覧

世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました はじめましたからアーリーリタイア目前の人まで一読のススメ

2018-06-01.png

ブログ「NightWalker's Investment Blog」の管理人であるインデックス投資界の仙人ことNightWalkerさんが本を出しました。

世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました

本のタイトルにハッシュタグ(#)があるのは面白いですね!
ますい画伯がプロフィールイラストとしてデビューしています♪

さっそく2周ほど読み終えたので感想を。

» 記事の続きを読む

関連記事

各アセットクラスのパフォーマンス2018年5月

2018-05-31.png

2018年5月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月に引き続き、外国REITの調子がよかったようです。
強いて言えば新興国の株式や債券の下落幅が大きいですが、先進国株式(外国株式)と分散投資をしておれば下落幅は限定的でしょう。

» 記事の続きを読む

関連記事

投資信託の運用会社が国内に100社って多すぎる

高層ビル 不動産 REIT 都心

投資信託を運用する運用会社は、国内にいったい何社あるのか知っていますか?

その数なんと100社!投資信託協会のホームページで確認することができます。

協会正会員 - 投資信託協会

» 記事の続きを読む

関連記事

企業型DCはデフォルトファンド選定の前にするべきことがある

妄想 伝える 気持ち

楽天証券iDeCoがデフォルトファンド(基本商品)を楽天・インデックス・バランス(DC年金)にすることを発表しましたが、これは個人型のiDeCoだけでなく、企業型確定拠出年金(企業型DC)でも元本確保型の定期預金からリスク資産であるターゲットイヤー型ファンドやバランスファンドへと掛け金が投資へと向かう方向で進んでいます。

やっていることは良いことなのかも知れないが、企業型DCの場合はデフォルトファンドを選定する前にするべきことがあるのではないか?という話です。

» 記事の続きを読む

関連記事

リスク(標準偏差)は10年くらいの期間から安定してくる

データ 資料 分析

カン・チュンドさんの記事にリスク(標準偏差)・期待リターン・相関係数について不変の真理のような引用があったので記録しておきます。

リターン、リスク、相関係数の中で、いちばん信頼できるのは「リスクの大きさ」|カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!

引用元は山崎元さんの年金運用の実際知識(1997年刊行!)とのこと。

» 記事の続きを読む

関連記事

「つみたてNISA」はこの7本を買いなさい…EXE-iつみたて推しはまだ早いかな

読書 カエル 本

「つみたてNISA」はこの7本を買いなさいを読みました。

本のタイトルにある「つみたてNISA」とはどんな制度なのか?

これからの時代は投資をしないと資産を築けない根拠、積立をするにあたり分散投資など大事なポイントもしっかり押さえてあります。

» 記事の続きを読む

関連記事

楽天証券iDeCoのデフォルトファンド(基本商品)は楽天・インデックス・バランス(DC年金)に決まりました

握手 ビジネスマン 女性 決定

指定運用方法とは、確定拠出年金の加入者が口座を開設したものの掛金を指定しない場合に組み入れられる商品のこと。要はデフォルトファンド(基本商品)です。

2018年5月1日に法律が施行され「指定運用方法」の適用が開始されました。

楽天証券の指定運用方法は楽天・インデックス・バランス(DC年金)に決まり、初回掛金拠出日から約4か月経過しても楽天証券iDeCo口座をほったらかしで何も配分指定をしない場合は、楽天・インデックス・バランス(DC年金)の運用となります。

指定運用方法(掛金・移換資産の取扱い)に関するご案内|楽天証券

» 記事の続きを読む

関連記事

読書も投資!インデックス投資をはじめるなら1回目の積立金額を割いてでも本を買おう

本 ビジネス イメージ 読書

インデックス投資に興味を持ち、積立投資をはじめるなら早いほうがいい。
興味を持って始めたい気持ちはあるのに、行動に移せないことはよくあることです。

未経験者にとってはネット証券の『証券口座を開設する』をクリックするところで『ここで大丈夫なのかな?』…と躊躇することだってあるでしょう。

まずは勇気をもって一歩進みましょう!踏み出さないと何も始まりません。

そして今回の話はここから実際に自分の資金で資産を買うまでの間に何をするべきかです。

» 記事の続きを読む

関連記事

各種引き落としで使用しているクレジットカード支払いを集約化しました

クレジットカード クレカ

毎月のスマホ料金や様々なサービスの利用料は、銀行での引き落としやクレジットカード支払いにすると自動で引き落としされるので、口座残高が確保されている限りは滞納するリスクもないしコンビニなどに支払いに行かなくてもいいので便利です。

最近は各種引き落としで使用しているクレジットカードを集約化しています。

複数のクレジットカードに分散されていた各種引き落としを、ようやく1枚の楽天カードに集約化できるところまで手続きが完了しました。

» 記事の続きを読む

関連記事

いよいよMSCI新興国株式指数に2018年6月から中国A株が組み入れられます

四葉のクローバー 青空 未来

昨年、MSCI新興国株式指数に2018年から中国A株が組み入れられるとの報道がありましたが、いよいよ採用が来月6月1日と迫ってきました。

MSCIの中国A株採用、6月1日に迫る-年金などから資金流入期待|Bloomberg
MSCI、指数採用の中国A株の最終リストを公表|Bloomberg

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます