ほったらかし投資のまにまに

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

プロフィール

熊画像Author:とよぴ~(プロフィール詳細
妻と2人の子どもの賑やかな4人家族です。
証券外務員の資格を持っていますが、仕事は関係ない物流関係。
バランスファンドによるコツコツ投資という、もっとも投資から距離をおいた投資スタイルでプライベートを充実♪
しかし!記事更新が楽しく、ブログ書くためにバランスファンドにした疑惑も浮上中(;´∀`)

スポンサーリンク

記事一覧

  • 2018/04/04投信ランキング

    2018年3月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。 関連記事  ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみましたランキング内のファンド名称は各証券会社の表記のまま記載カブドットコム証券のランキング表示はリアルタイムなので記事作成時点と5位までiDeCo(個人型DC)は現在のところSBI証券...

    記事を読む

  • 2018/04/02人気記事ランキング

    2018年3月は18本の記事を投稿しました。2018年3月は何と言ってもeMAXIS Slimシリーズの様々な話題が注目されました。ランキング外を確認しても、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が0.209%→0.16%と信託報酬を引き下げた話題であったり、松井証券のiDeCoでeMAXIS Slimシリーズの取扱いを発表した話題であったりと、eMAXIS Slimシリーズを運用している三菱UFJ国際投信が月末にブロガーミーティングを開催したこともあり、ニュース...

    記事を読む

  • 2018/04/01もの思いにふける

    貸株というと、個別株やETF投資をしていてる投資家が、保有している有価証券(株式やETF)を証券会社に貸付けて貸株料を獲得できるという話です。もともと機関投資家など大口の取引で行われていたサービスでしたが、個人レベルでも活用できるようになったので知られる存在となりました。この貸株(セキュリティーズ・レンディング)による収益は、運用会社が運用する投資信託にも多く利用されていて、貸株料を運用資産に多く入れて...

    記事を読む

  • 2018/03/30経済・景気動向

    2018年3月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月に引き続き株式市場は下落しています。ほとんどのアセットクラスが全面安だった先月と違い、外国債券や外国REITあたりは持ち直してきました。短期的には同じ方向に向かうような場面があっても、長期的には時間が経過するにつれて、それぞれのアセットクラスがそれぞれ違う動きをしていくので分散が効いてきます。...

    記事を読む

  • 2018/03/28売買記録

    2018年3月末時点のアセットアロケーションと積立ファンドを計算してみました。実際はまだ月末ではないのですが、今月分の積立設定日も過ぎていることもあり時間に余裕のある今のうちに記録しています。今回からはアウターガイさんのアセットツールを活用していきます。アセットアロケーション円グラフメーカー時間加重収益率計算機アセットツールを活用すると積立投資でのパフォーマンスも一発で計算できるので、今回から3ヶ月毎の...

    記事を読む

  • 2018/03/27資産運用・投資

    金融庁主催のつみたてNISAフェスティバル2018が4月21日(土)午後に都内で開催されます。このイベント内で「はじめて投資をする人へ読んでほしいおススメの一冊」がランキング形式で発表されるのですが、今月いっぱいまで一人三冊まで推薦を受け付けています。さっそく自分も投票してみました。...

    記事を読む

  • 2018/03/25投資戦略

    出口戦略について考える機会があったので、2007年、2012年に続き2018年の40歳代の現在の心境で思考しなおしてみました。最近は出口戦略のことをまったく考えない日々を過ごしていたのですが、考え直したキッカケとなったのがどうやら出口戦略を気にする人に限って投資をまだはじめてもいない初心者に多い意見というのではありませんか。そんな話があった時に上手く言葉に出来なかったのですが、時間が経過したことで考え方の整理が...

    記事を読む

  • 2018/03/22投資信託ニュース

    昨年秋頃に三菱UFJ国際投信が低コスト投信のネット直販に参入するとの報道がありましたが、低コスト投信の中身がeMAXIS Slimシリーズになる可能性が高いことがわかりました!「eMAXIS Slim」 約款変更のお知らせ|三菱UFJ国際投信プレスリリース(PDF)...

    記事を読む

  • 2018/03/21投資戦略

    つみたてNISAは、利益や分配金に対して非課税になる投資枠が年間40万円で、投資期間が最長で20年間ある1人に1つの権利です。もちろん人によっては通常NISAのほうが便利だったりと使うも使わないも自由ですが、自分は積立投資そのものが投資手法の中心となっているので有難く活用しています。ところで小学校や幼稚園の校庭などで「タイムカプセル」をやったことありますか?つみたてNISAは制度が作られた頃から、タイムカプセルのよ...

    記事を読む

  • 2018/03/18販売会社ニュース

    松井証券のiDeCo参入については以前にも紹介しましたが3月30日から申し込みを開始されるようになりました。個人型確定拠出年金「iDeCo」の申込受付を3月30日より開始します|松井証券...

    記事を読む

ネット証券の投資信託ランキング(2018年3月)

表彰台 メダル 競争 ランキング

2018年3月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。

 関連記事  ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみました

  • ランキング内のファンド名称は各証券会社の表記のまま記載
  • カブドットコム証券のランキング表示はリアルタイムなので記事作成時点と5位まで
  • iDeCo(個人型DC)は現在のところSBI証券のみのランキング表示

参考リンク:投資信託ランキングSBI証券 - ランキング
楽天証券 - ランキング
マネックス証券 - ランキング
カブドットコム証券 - ランキング
SBI証券(iDeCo) - ランキング

» 記事の続きを読む

関連記事

2018年3月 人気記事ランキング eMAXIS Slimシリーズの勢力は衰えることなく突き進む

eMAXIS Slim

2018年3月は18本の記事を投稿しました。

2018年3月は何と言ってもeMAXIS Slimシリーズの様々な話題が注目されました。

ランキング外を確認しても、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が0.209%→0.16%と信託報酬を引き下げた話題であったり、松井証券のiDeCoでeMAXIS Slimシリーズの取扱いを発表した話題であったりと、eMAXIS Slimシリーズを運用している三菱UFJ国際投信が月末にブロガーミーティングを開催したこともあり、ニュースに事欠かない1ヶ月でした。

» 記事の続きを読む

関連記事

貸株による追加収益は全部ファンドに還元するべき

大儲け あぶく銭 喜ぶ

貸株というと、個別株やETF投資をしていてる投資家が、保有している有価証券(株式やETF)を証券会社に貸付けて貸株料を獲得できるという話です。

もともと機関投資家など大口の取引で行われていたサービスでしたが、個人レベルでも活用できるようになったので知られる存在となりました。

この貸株(セキュリティーズ・レンディング)による収益は、運用会社が運用する投資信託にも多く利用されていて、貸株料を運用資産に多く入れてしまうとベンチマークを超過してしまうトラッキングエラーになってしまうことが、MUAMブロガーミーティングで話題になっていたようです。

» 記事の続きを読む

関連記事

各アセットクラスのパフォーマンス2018年3月

2018-03-30.png

2018年3月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月に引き続き株式市場は下落しています。ほとんどのアセットクラスが全面安だった先月と違い、外国債券や外国REITあたりは持ち直してきました。

短期的には同じ方向に向かうような場面があっても、長期的には時間が経過するにつれて、それぞれのアセットクラスがそれぞれ違う動きをしていくので分散が効いてきます。

» 記事の続きを読む

関連記事

2018年3月末時点のアセットアロケーションと積立ファンド

2018-03-28.png

2018年3月末時点のアセットアロケーションと積立ファンドを計算してみました。

実際はまだ月末ではないのですが、今月分の積立設定日も過ぎていることもあり時間に余裕のある今のうちに記録しています。

今回からはアウターガイさんのアセットツールを活用していきます。
アセットアロケーション円グラフメーカー
時間加重収益率計算機

アセットツールを活用すると積立投資でのパフォーマンスも一発で計算できるので、今回から3ヶ月毎のパフォーマンスを記録していく予定です。

2017年末から2018年3月末の3ヶ月間は-7.45%となりました。

» 記事の続きを読む

関連記事

「はじめて投資をする人へ読んでほしいおススメの一冊」に3冊推薦してみました

本 雑誌

金融庁主催のつみたてNISAフェスティバル2018が4月21日(土)午後に都内で開催されます。

このイベント内で「はじめて投資をする人へ読んでほしいおススメの一冊」がランキング形式で発表されるのですが、今月いっぱいまで一人三冊まで推薦を受け付けています。

さっそく自分も投票してみました。

» 記事の続きを読む

関連記事

出口戦略を気にする人は損をしたくないという気持ちが強すぎる!?

ソリューション 出口

出口戦略について考える機会があったので、2007年2012年に続き2018年の40歳代の現在の心境で思考しなおしてみました。

最近は出口戦略のことをまったく考えない日々を過ごしていたのですが、考え直したキッカケとなったのがどうやら出口戦略を気にする人に限って投資をまだはじめてもいない初心者に多い意見というのではありませんか。

そんな話があった時に上手く言葉に出来なかったのですが、時間が経過したことで考え方の整理ができたのでブログで書き残します。

» 記事の続きを読む

関連記事

三菱UFJ国際投信の低コスト投信のネット直販参入はeMAXIS Slimシリーズだった!

メガネ ニュース 新聞 報道

昨年秋頃に三菱UFJ国際投信が低コスト投信のネット直販に参入するとの報道がありましたが、低コスト投信の中身がeMAXIS Slimシリーズになる可能性が高いことがわかりました!

「eMAXIS Slim」 約款変更のお知らせ|三菱UFJ国際投信プレスリリース(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

つみたてNISAは20年間のタイムカプセル

学校 校庭

つみたてNISAは、利益や分配金に対して非課税になる投資枠が年間40万円で、投資期間が最長で20年間ある1人に1つの権利です。

もちろん人によっては通常NISAのほうが便利だったりと使うも使わないも自由ですが、自分は積立投資そのものが投資手法の中心となっているので有難く活用しています。

ところで小学校や幼稚園の校庭などで「タイムカプセル」をやったことありますか?

つみたてNISAは制度が作られた頃から、タイムカプセルのようなものかな…と考えていました。

» 記事の続きを読む

関連記事

松井証券のiDeCoはeMAXIS Slimシリーズも取扱うオススメ運営管理機関

main_180315_01s-.jpg

松井証券のiDeCo参入については以前にも紹介しましたが3月30日から申し込みを開始されるようになりました。

個人型確定拠出年金「iDeCo」の申込受付を3月30日より開始します|松井証券

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます