経済・景気動向のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:経済・景気動向

  • 2018/12/29経済・景気動向

    2018年の各アセットクラスのパフォーマンスを振り返ってみると、昨年の怖いほど堅調だった株式市場から事態は一変して年末にかけて米中の関係が不安定になってきたこともあり株価下落が相次ぎました。記録を残してみてJ-REITと国内外株式アセットクラスが、意外なことに「上のときは下に」「下のときは上に」という関係になっていたことに気付きました。ほんの2年間だけなので偶然かもしれませんが面白い発見でした。それとやはり2...

    記事を読む

  • 2018/12/28経済・景気動向

    2018年12月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。10月は大きく下落、11月は見事に反発、12月はまたまた大きく下落しました。クリスマス頃に株式市場は上下に大きく株価変動したので、慌ただしい年末になったのですが、個人的には仕事が忙しくて株価をキチンと見ることもなく過ぎていきました。リスク資産は株式だけではなく、債券や不動産(REIT)もあります、株式市場だけを見ると散々な結果に感じる人もいるかもしれません...

    記事を読む

  • 2018/11/30経済・景気動向

    2018年11月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。10月は国内債券アセットクラスを除いて、大きく下落した月でしたが、11月は見事に反発してほとんどのアセットクラスが上昇しました。もちろん10月の下落を取り戻すほどの上昇ではないのですが、10月の下落の中で売却してしまったら11月の上昇をみすみす見逃すという感じになっていたことでしょう。過去半年の各アセット別の騰落順位を見ていて気付いたのですが、新興国株式ア...

    記事を読む

  • 2018/10/31経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2018年11月をアップしました2018年10月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。グラフを作成してみて、久しぶりの株式市場の下落っぷりに思わず笑ってしまいました。こういう時期の国内債券アセットクラスは頼もしいものですね。国内外REITも株式市場の下落に引っ張られるように、REIT市場もつられて下がっているのかと思っていたのですが、急落時こそ株式と同じように下がったのですがそこか...

    記事を読む

  • 2018/09/29経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2018年10月をアップしました2018年9月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。8月はトルコショックにより新興国債券や新興国株式の下落が起こりましたが、9月になり新興国アセットクラスは取り戻してきました。日経平均株価も気がつけば2万4000円を突破していて国内株式アセットクラスが好調な月でした。...

    記事を読む

  • 2018/09/01経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2018年9月をアップしました2018年8月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。トルコショックによる株価下落が起こりましたが、新興国株式アセットクラス以上に大きく下落したのは新興国債券アセットクラスです。新興国とは対象的に、先進国株式および先進国REITが好調だった8月でした。※Funds-iでは先進国株式を外国株式と表記しています...

    記事を読む

  • 2018/08/01経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2018年8月をアップしました2018年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月と打って変わって国内外の株式市場が好調でした。スパゲティ・チャートを確認してみると、7月はほとんどのリスク資産が好調でマイナスに沈んだのは国内債券やヘッジ外債など低リスクなアセットクラスに集中しています。...

    記事を読む

  • 2018/07/01経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2018年7月をアップデートしました2018年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月に引き続き、国内外REITアセットクラスは調子がよかったようです。今月から各アセットクラスのパフォーマンスにスパゲティ・チャートを追加しているのですが、外国REITアセットクラスが2018年3月以降から好調を維持しているのがよくわかります。...

    記事を読む

  • 2018/06/21経済・景気動向

    毎月末、Funds-i(ファンズアイ)シリーズの基準価額をもとに各アセットクラスのパフォーマンスを作成しているのですが、せっかくデータを採取しているのでスパゲティ・チャートを追加してみることにしました。...

    記事を読む

  • 2018/06/01経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2018年6月をアップデートしました2018年5月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月に引き続き、外国REITの調子がよかったようです。強いて言えば新興国の株式や債券の下落幅が大きいですが、先進国株式(外国株式)と分散投資をしておれば下落幅は限定的でしょう。...

    記事を読む

2018年総括 不安定な1年でしたが株価変動のよくある想定の範囲内に収まりました

2018-12-28-9.png

2018年の各アセットクラスのパフォーマンスを振り返ってみると、昨年の怖いほど堅調だった株式市場から事態は一変して年末にかけて米中の関係が不安定になってきたこともあり株価下落が相次ぎました。

記録を残してみてJ-REITと国内外株式アセットクラスが、意外なことに「上のときは下に」「下のときは上に」という関係になっていたことに気付きました。ほんの2年間だけなので偶然かもしれませんが面白い発見でした。

それとやはり2018年のようなほとんどの資産が下落していく中で、国内債券アセットクラスの流行に左右されないゴーイングマイウェイな部分がいかんなく発揮されていますね。

感覚的な話ですが、こんな好調すぎる日々は何年も続いていくわけではありませんから、+20~30%を得た現在のように-20~30%の損失を被る未来の可能性もあるケースも頭の片隅に入れておきましょう。

2017年総括 怖いほど年間を通じて堅調な1年でした


2018年の結果は-20~30%の損失ほどにはなりませんでしたが、2018年くらいの荒波で退場した人はおそらく信用取引などレバレッジを効かせていたのでしょう。もしくは高い価格で買い下落に耐えきれなくて売ったとか?

もし退場した人が投資戦略をあらためて再挑戦するのであれば、急いで儲けようとは考えずに慌てなくても毎月積立できる範囲内での投信積立をオススメします。やることなくて暇ですけど(^^)

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2018年12月

2018-12-28-7.png

2018年12月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

10月は大きく下落、11月は見事に反発、12月はまたまた大きく下落しました。

クリスマス頃に株式市場は上下に大きく株価変動したので、慌ただしい年末になったのですが、個人的には仕事が忙しくて株価をキチンと見ることもなく過ぎていきました。

リスク資産は株式だけではなく、債券や不動産(REIT)もあります、株式市場だけを見ると散々な結果に感じる人もいるかもしれませんが、債券アセットクラスと分散投資すればその比率だけ下落幅も緩和されます。

もしも最近の株式市場の株価変動に不安を感じるようであれば、その不安自体は悪いことではないので、自分のリスク耐性を再検討して債券比率を増やすなど、アセットアロケーションを変えてみるのもいいかもしれません。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2018年11月

2018-11-30.png

2018年11月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

10月は国内債券アセットクラスを除いて、大きく下落した月でしたが、11月は見事に反発してほとんどのアセットクラスが上昇しました。

もちろん10月の下落を取り戻すほどの上昇ではないのですが、10月の下落の中で売却してしまったら11月の上昇をみすみす見逃すという感じになっていたことでしょう。

過去半年の各アセット別の騰落順位を見ていて気付いたのですが、新興国株式アセットクラスのパフォーマンスは、毎月1位か最下位周辺に位置しています。

ある程度の範囲内で保有している分には気になりませんが、新興国株式に集中投資をするのは、かなりの鈍感力なりメンタリティーが必要に感じます。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2018年10月

2018-10-31-4.png


2018年10月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

グラフを作成してみて、久しぶりの株式市場の下落っぷりに思わず笑ってしまいました。
こういう時期の国内債券アセットクラスは頼もしいものですね。

国内外REITも株式市場の下落に引っ張られるように、REIT市場もつられて下がっているのかと思っていたのですが、急落時こそ株式と同じように下がったのですがそこから持ちこたえているのがYahoo!ファイナンスのチャートで確認できます。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2018年9月

2018-09-29.png


2018年9月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

8月はトルコショックにより新興国債券や新興国株式の下落が起こりましたが、9月になり新興国アセットクラスは取り戻してきました。

日経平均株価も気がつけば2万4000円を突破していて国内株式アセットクラスが好調な月でした。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2018年8月

2018-08-31.png


2018年8月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

トルコショックによる株価下落が起こりましたが、新興国株式アセットクラス以上に大きく下落したのは新興国債券アセットクラスです。

新興国とは対象的に、先進国株式および先進国REITが好調だった8月でした。
※Funds-iでは先進国株式を外国株式と表記しています

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2018年7月

2018-08-01-4.png


2018年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月と打って変わって国内外の株式市場が好調でした。

スパゲティ・チャートを確認してみると、7月はほとんどのリスク資産が好調でマイナスに沈んだのは国内債券やヘッジ外債など低リスクなアセットクラスに集中しています。

» 記事の続きを読む

タグ

各アセットクラスのパフォーマンス2018年6月

2018-07-01.png

2018年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月に引き続き、国内外REITアセットクラスは調子がよかったようです。
今月から各アセットクラスのパフォーマンスにスパゲティ・チャートを追加しているのですが、外国REITアセットクラスが2018年3月以降から好調を維持しているのがよくわかります。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンスにスパゲティ・チャートを追加

データ 資料 分析

毎月末、Funds-i(ファンズアイ)シリーズの基準価額をもとに各アセットクラスのパフォーマンスを作成しているのですが、せっかくデータを採取しているのでスパゲティ・チャートを追加してみることにしました。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2018年5月

2018-05-31.png

2018年5月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月に引き続き、外国REITの調子がよかったようです。
強いて言えば新興国の株式や債券の下落幅が大きいですが、先進国株式(外国株式)と分散投資をしておれば下落幅は限定的でしょう。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます