先物運用のタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

タグ:先物運用

三井住友・DC新興国株式インデックスファンドの信託報酬が0.56%→0.34%に引き下げられました

プライスダウン 値下げ 引き下げ 費用

三井住友アセットマネジメントが運用する「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」の保有コストである運用管理費用(信託報酬)が引き下げられました。

2019年2月26日から引き下げ開始されています。

記事作成時点での新興国株式インデックスファンドでは、ニッセイ・eMAXIS Slim [0.189%]、SBIインデックス [0.19%]、楽天・新興国 [0.26%]、i-SMT [0.33%]、たわらノーロード・Smart-i・三井住友 [0.34%]となっています。

低コスト戦線では第2グループの位置につけています。

「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」信託約款変更のお知らせ|プレスリリース

» 記事の続きを読む

先物運用のインデックスファンドは現物株式による運用とは似て非なるもの

疑問 吹き出し 探す

インデックスファンドやETFは国内外の株式や債券・REITなどベンチマークを投資対象にして、価格が連動するように設定されてます。

基本的に現物を推奨していますが、先物指数を投資対象としたETFやインデックスファンドも存在しているのでファンドの選択の際には注意が必要です。

ETF投資のリスク|日本取引所グループ

» 記事の続きを読む

三井住友・DC全海外株式インデックスファンドに投資する前に知るべき注意点(修正あり)

三井住友アセットマネジメントの直販に期待すること

(追記)
ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬ケンイチさんから、比較チャートの始点が合っていないから検証結果が間違っているとの指摘を受けました。

「三井住友・DC全海外株式インデックスファンドに投資する前に知るべき注意点」(by とよぴ~氏)の間違いにツッコミ - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

詳しくはリンク先にある水瀬さんの記事を見れば一目瞭然ですが、三井住友・DC全海外株式インデックスファンドの設定日を始点にして比較すると、ヤフーファイナンスのチャートのように大きな差がなくなります。

DC全海外株式の設定日が騰落0の交差点となっていたので設定日以降が揃っているものだと勘違いしていました^^; 


確定拠出年金(DC)から一般販売された三井住友・DC全海外株式インデックスファンドが投信ブロガーを中心に大注目されています。



すでに多くのブロガーが記事で取り上げていて、いまさら書くべきことが見つからないので、間近の運用報告書をチェックしていたら気になることがありました。

決算日 2014年12月1日(PDF)
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド【第4期運用報告書(全体版)】

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます