今年の最後のマーケットは8455円35銭で取引を終えました
大納会の終値が8500円を下回るのは1982年(8016円67銭)以来で、29年ぶりの安値を記録したそうな
ただこの29年ぶりの安値が29年前の経済水準や当時の価格や価値と同等なのかというとそうではない
株価が同じでも円の価格がまるで違うからです

» 記事の続きを読む