chart_20200802054845cf4.png


2020年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

前回に引き続き、新興国株式アセットクラスが続伸して先進国株式も好調をキープ。国内株式投資に集中していた人には恩恵がなかった月でした。

新興国株式の上昇にともない、新興国株式を多く含んでいる全世界株式インデックスファンドがより上昇している結果となりました。

当落順位で見ても、すべてのランキングで先月と大差ないので何か変化を起こすような材料もなかったのでしょう。

嵐の前の静けさなのかわかりませんが、自分の場合は積立投資を継続していくのみで投資において作業的に何かすることはありません。

» 記事の続きを読む